七夕はパリの友人と江戸前寿司をいただきました
2016年7月7日 木曜日 晴れ

 七夕さまってなんだか嬉しい。
一年に一度牽牛と織姫があえる夜!
前の日から短冊に願い事を書いて竹の葉につるして、夜遅くに天の星に手をあわせる、、、、、
子供の頃の祖母と母と遊んだことがなつかしい〜〜〜。

 パリから一時帰国していたヤスヒロさんが妙高から入って今夜は東京で一泊して明日にはパリへ発つ。
サロンにも常時出品の画家。

a0031363_186216.jpg
(午後七時すぎの国会議事堂を車窓から、、、)

 少しハンディキャップがある彼を銀座のホテルまで迎えにいって、一緒にお寿司。
ながいこと京都で育った彼は和食の味にもするどい。

 ジュンサイの後は鮎の塩焼きを頼んで、それを待つ間にさっそくニギリに、、、。
まずはシンコ!
“こんなに美味しいヒカリモノは初めてです”と喜んでくださって、そのあとは白身、
さらにコハダ、鮪などなどとつづいて、パリでは絶対に味わえない日本のそれも、
江戸前のお寿司を満喫なさったよう。

 彼が十代の頃から知っているのでますで弟のようで、パリのこと、一緒にした北欧の旅や
アメリカの旅などをなつかしく思い出しながら、、、、。

 先月にお母上を亡くされているので、今後のことをいろいろお父上とお話しをなさったようで、
次の帰国は秋になるよう。
“けいこさんは、いつパリに来ますか、、、”とパリでの再会も話したり、、、、。

 彼ももう還暦をすぎました。
お仕事をやめられて、画家に専念することにしたそうで、どうぞ頑張っていただきたいです。

 ホテルまでお送りして、ボンヴォワヤージュ! 

http://keico.exblog.jp/22903473/
2016年6月12日 日曜日 曇り
一緒に旅をした麗人が永遠に旅立ちました


 朝顔葉、今日は水やりなし。
一日おきにしてみて様子をみることに、、、。

a0031363_1843489.jpg






by pretty-bacchus | 2016-07-07 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22979616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-07-09 19:54 x
朝顔の茎が見るからに元気そうですね。

良い夏を、良いお宅で過ごすのが植物の果報というものでしょう。
Commented by rain_grace at 2016-07-10 00:03 x
七夕と江戸前寿司…絶妙な取り合わせですね。 pretty_bacchusさんのブログならではの楽しさを感じました。 植物への水やりも難しそうです。7月に入ったユーカリレモンは水を結構、欲しがります。
Commented by pretty-bacchus at 2016-07-11 01:39
ナナハンさん、都心のベランダで過ごすことが幸せかどうか、、、、わかりませんが、
短い命を大切にしてあげたいと思っています。

Commented by pretty-bacchus at 2016-07-11 01:43
rain_graceさん、こんばんは。
いつもありがとうございます!

植物の夏の水やりはむずかしいですね、、、。
ユーカリレモンはお花が咲くのでしょうか?


名前
URL
削除用パスワード


<< 入谷朝顔祭りは今日でお終いにな...      牛タンは和風風味のお料理となりました >>