一緒に旅をした麗人が永遠に旅立ちました
2016年6月12日 日曜日 曇り

 敬愛するSさんの奥様が亡くなられた。享年九十六歳、
お身内だけで昨日京都のお寺さんで葬儀を終えられたとお電話をいただいた。

眠るように天に召されて、とても良いお顔で肌もつるつるだったとお話ししていらした。
思い出話を少しして、お悔やみ申しあげた。
敦煌や桂林の旅にもご一緒させていただいた思い出が甦ってくる、、、、。

誰にでも訪れる最後のことをいろいろ考えてしまった日曜日。
 
西方浄土はどんな処なのだろうか。

a0031363_0152051.jpg
弓張り月がみえたので屋上に昇ってみた。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ブログから百合子夫人の思い出いろいろ

a0031363_23224950.jpg
((右から二番目の黄色いカーディガンが百合子夫人、その左は志村ふくみ先生)
http://keico.exblog.jp/21231165/
2015年5月13日 水曜日 晴れ 暑い (★OldPhoto銀塩写真のデータ化)
2000年の<西安,昆明,敦煌,麗江,石林の旅>のデータ化に追加

http://keico.exblog.jp/19833238/
2014年5月25日 日曜日 晴れ その一
タクラマカン砂漠

http://keico.exblog.jp/17419001/
2013年3月6日 水曜日 晴れ 暖かい一日でした
啓蟄に2000年の<西安,昆明,敦煌,麗江の旅>データ化その二
a0031363_1143298.jpg

(莫高窟入り口の門の前で全員で記念写真を)

http://keico.exblog.jp/17399501/
2013年3月2日 土曜日 曇り後晴れ
2000年の<西安,昆明,敦煌,麗江の旅>のデータ化その一

http://keico.exblog.jp/12665732/
2011年5月26日 木曜日 曇り 
2000年の<西安 敦煌 昆明 麗江、歴史遺跡の旅>

http://keico.exblog.jp/17401505/
昨日のブログに645の写真とmore>>に旅程を追加。
2000年の<西安,昆明,敦煌,麗江の旅>のデータ化追加

http://keico.exblog.jp/16983306/
2012年12月13日 木曜日 晴れ
旅で撮った世界遺産の写真で年賀状の記録

http://keico.exblog.jp/5961405/
2007.08.05 日曜日 晴れ
暑ささけ思い出写真と日曜日(昆明、麗江、西安、敦煌 & ヴェネチア) 

http://keico.exblog.jp/10584167/
2010年5月8日 土曜日 曇り
Memoires du Voyage 旅の写真を絵はがきに

http://keico.exblog.jp/5961405/
2007.08.05 日曜日 晴れ
暑ささけ思い出写真と日曜日(昆明、麗江、西安、敦煌 & ヴェネチア)


(夜は敦煌の街に戻って玉などのお土産物やさんの後に、敦煌の美術館館長に夕食に招かれた)

(楊さんが二枚撮ってくれたので、記念写真が残った)
#IMAGE|a0031363_1784.jpg|201303/07/63/|right|680|451#]
(皆さんなんと若かったことでしょう〜〜!)

by pretty-bacchus | 2016-06-12 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22903473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-06-14 08:00 x
「生者必滅 会者定離」 は平家物語に引用されたお経の文言ですが
 これは仕方が無い、96歳ならば、よい生涯でしたね。
Commented by bernardbuffet at 2016-06-14 21:59
大往生ですね。
昔は80歳を超えて無くなった時には「おめでとう」と言ったものだという話を聞きましたが、最近ではそれが当たり前になってしまいました。しかしながら自分の親族姻族をみわたしても、最後まで自活して生きた人もいれば、最後の数年は寝たきりで(しかも意識も朧のまま)旅立った人もいます。できれば前者でありたいと願っています。
Commented by pretty-bacchus at 2016-06-16 17:22
nanahanさん、ななはんならでのよいお言葉をありがとうございました。

Commented by pretty-bacchus at 2016-06-16 17:31
bernardbuffetさん、こんにちは、自分の残された日を考えるとともに、最後のことを考えねばならない年になりました。
年々歳々ですね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 梅雨の一日にMacBookプロ...      紫陽花に誘われて、、、梔子の香... >>