太平洋に昇る朝日から夜半の火星土星まで
2016年6月2日 木曜日 晴れ 土星

 晴れ女の面目躍如というべきか!
部屋のネット環境が悪く真っ黒な海をみつめた後に早くに床に着いた。
カーテンの隙間から入った光が壁を赤く燃やしていて目が覚めた。
昨夜の天気予報では今朝の熱海は雨か曇りとのことだったのに、なんと東の空が燃え始めていた。AM4:09。
釣り船だろうか、、、明るい光を放った船が二艘軽い音をだしていた。
なんと神々しい海だろう、、、肌寒いベランダに出て、しばし魅入った!

a0031363_4592015.jpg
(am4:09)

a0031363_50587.jpg


a0031363_504446.jpg
(am4:11)

a0031363_512678.jpg


a0031363_52634.jpg
(am4:45)

 このまま太陽は顔をださないのだろうか、、、一度部屋の中にはいった、そのほんのわずかの間に
今朝の光が差し始めてしまったようだ、、、右の熱海港とは反対方向の左の半島ぎりぎりのあたりから、、、。
四時四十四分。半分も顔をだしてしまった太陽に手をあわせた。
若い頃からそうだったが、年を重ねる毎に太陽に手をあわせ涙することが多くなったような気がする。

眼をやられないようにデジカメの液晶を見ながら、夢中でシャッターを切った。
わずか五分ですっかり昇った太陽は海を染めていった。
細い雲に割れて二つになり海に映って、三つの太陽が輝き始めた。
長い一日の始まりだった。

a0031363_573328.jpg


a0031363_581495.jpg

a0031363_585164.jpg
(am4:47)

a0031363_595427.jpg


a0031363_5103820.jpg


a0031363_5111425.jpg(am4:49)

a0031363_5123177.jpg
(am4:50)

a0031363_5135026.jpg
(旅の必需品はMacと年間の太陽の昇る位置と時間のガジェット)

a0031363_515424.jpg

 もう一泊することになったので、ゆっくりとベットに横になった。
大きなベットが二つのお部屋はゆったりとしていて、海の囁きをBGMに二人とも昏々と
したときが
流れていった。

 午後の海もきれいだった。
引き潮なのだろうか、、、、あるいは赤潮がでているのだろうか、、、
碧海に茶色い陸地のような感じで時が流れた。

 午後にFさんが鎌倉からいらして久しぶりの三人で、つもる話に花が咲いた。
今年の三月に大学教授のお仕事を辞められて、そのあと肝臓癌がみつかってすぐに治療をして、
もうすっかりお元気になられていた。よかった!

a0031363_518338.jpg
(am10:58)

a0031363_5191256.jpg
(am11:58)

a0031363_519559.jpg
(pm1:34)

a0031363_5204160.jpg
(pm4:43)

a0031363_5211810.jpg
(陸地すぐあたりから続くのは何だろう? 写真を撮って拡大してみたら、どうやら魚取りの網のようだ)

 夕方からSさんのステーキハウスの奥のお部屋での鉄板焼き。
突き出しのあとは、厚岸の牡蠣、ホタテにウニ、鮑、、、お野菜と続き、お肉。
これがなんとも美味。まろやかでとろけるような食感でなんとも深い旨味!
ここ数年新しい静岡県のメスの子牛ということ。なるほどと納得。
彼は常に最先端の食材の研究しているのだろう。
(牛肉は子を産んだことのないメス牛が最も美味しいとされて、フランスでは時には生で食することがあるが、
日本では御法度)
最後はSさんの特製ガーリックライスで〆。

a0031363_5234668.jpg


 鎌倉へ帰るFさんを駅まで送って、私たちはホテルへ!
Sさんからすぎにお電話をいただいて、初島の上のほうに火星と土星が見えるという。
ベランダに飛び出した。たしかに明るい星が見える。
三脚もなく、酔眼で手持ちで数枚トライ。
オレンジ色に見えるのが火星で、その左下か上が土星のよう。

a0031363_527585.jpg


 太平洋の海のささやきの上空には宇宙のロマンが広がっている。
そして今私たちはその真下でほんの一瞬の時をすごしているのだ。
おぎゃ〜と生まれて、たかだか三万日あまり。今その最後の何千日かを生きて、いや生かされているのだ。
悲喜こもごもの波瀾万丈の人生だったが、これからどんな風に最後の準備をしていったら良いのだろう、、、
最近はいつもそんなことを考えている。

 暗い海が今夜もないでいる。
太陽に海に山に空の星に、そして友人達に深い感謝を込めて、夜は更けていく、、、。
明日もきっと美しい日が昇るのだろう!

 〜〜〜〜〜〜
日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時26分  : 日の入 18時52分
  月の出 02時15分  : 月の入 15時26分


by pretty-bacchus | 2016-06-02 23:59 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Comments(4)
Commented by nanahan at 2016-06-06 08:50 x
朝焼けはドラマそのものですね。さすがに一眼レフは描写が細々として圧巻ですよ。
大成功!!!!
Commented at 2016-06-06 10:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2016-06-07 00:28
ナナハンさん、すばらしい日の出でした。
カメラの違いは腕をあげてくれますね。

いつもありがとうございます。

Commented by pretty-bacchus at 2016-06-07 00:29
鍵コメントさま、すみませんでした。
ちょっと気になったものですから、、、、

名前
URL
削除用パスワード


<< 東の空にひととき有明月を愛で、...      突然小さな旅にでました、友よ海... >>