オバマ米大統領の初の広島入りで声明文を
2016年5月27日 金曜日 雨のち曇り 小晴れ

 G7サミットが無事に終わった。
成果はともかく何事もなく終わったのにほっとしている。
賢島周辺はもちろんのこと、ここ十日ほどの都内の警備はすごかったし、何万という警察官が
かり出されて警備にあたっていたのが実にひしひしと感じていたから、、、。

 そして、オバマ米大統領の初の広島入りのライヴを見た。
ヘリコプターで広島市内に入ったあと、戦車のような車で平和記念公園に向かった。
公園の入り口で待機していた安倍首相や岸田文雄外相らと握手をしてまず平和記念資料館に入った。
十分後に出てきて、公園の長い長いまっすぐな道を安倍首相と二人で歩いて、原爆死没者慰霊碑で
献花をしてしばし黙祷。
そしてオバマ大統領の声明は十七分続いた。

Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed.
A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed
the means to destroy itself.
<71年前のよく晴れた雲のない朝、空から死が降ってきて世界は変わった。
閃光と火の壁が町を破壊し、人類が自らを滅ぼす手段を手にしたことを示した>
から始まったその声明を、じつにしっかりとしたしみじみとした声で読み上げていた。

 全ての核兵器がなくなった時に消される悲願の炎が揺れる。会場は静まりかえっていた。
その演説で大統領は戦争の悲惨さを訴え、核兵器なき世界を追求する勇気を持たなければならないと述べていた。

 続いての安倍首相の声明のあと、二人は会場の最前列に座っていた被爆者代表の方々に歩み寄った。
オバマ大統領と長い時間握手をしながら語っていた九十一歳の男性のあとに、
二人目の男性は言葉を失っていたが、その瞬間オバマ大統領は彼をそっと抱き寄せた。
行動予定にはないであろうその一瞬に誰もが心を動かされたであろう、、、、、。

(日本の多くのメディアもニューヨークタイムズもその写真をトップに飾っていた)
アメリカも世界中の報道も、中国をのぞいて好意的だった。

a0031363_1517513.jpg


 自らも被爆者でありながら、広島で被爆し亡くなられた十二人の米軍捕虜の遺族の方々を、
一人で四十年以上もかけて探し出して記念館に彼らを登録し、
慰霊碑まで立てたというお方なのだそう。

(あとで知ったが、森重昭さんは「原爆で死んだ米兵秘史 」の
著者でもあり。呉沖・日米最後の海空戦で撃墜されたB-24爆撃機2機、
艦載機20機の搭乗員たちがそれぞれに遭遇した過酷で数奇に満ちた運命と、
-戦艦榛名に撃ち墜とされながらも奇跡的に生き残ったB-24ロンサムレディー号の
機長や被爆死した米兵遺族との交流で知り得た事実と膨大な量のGHQ文書、
さらには日本側関係者への聞き取り調査によって明かされた衝撃の実情をとおして、
歴史の暗部に挑む感動のライフワークだという
<<以上本の説明より)


 米国の現職大統領として初めて被爆地広島への訪問。オバマ大統領の英断と実行力に杯をあげたい。
その歴史的瞬間は大きな一つのエポックメイキングとなったであろう。

核なき世界を訴えた「プラハ演説」からも七年、その兵器が世界で一万五千以上にも増えているのだという。
「核なき世界」を主導していく決意を改めて語った現大統領は、<元>大統領になってもその意志を
継いでいってくれることを祈ろう。

 最後に公園の北東の道をたどって大統領専用車に乗ったが、彼の右後ろには黒い小さな鞄をもった男性が
いつもづっとついていた。
この鞄の中は、万が一の時に押さねばならない核爆弾のボタン装置だったとはどこも報道していなかった。

a0031363_15232721.jpg

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 久しぶりに改めて原語で全文を読んだ。
<オバマ大統領が所感 核なき世界への決意を表明5月27日 >
何十年ぶりだろう、、、、原語をジックリ読んだのは、、、、。
その昔のアップルにはキング博士、その後にはJFケネディーのスピーチが付録でついていた。

そしてその後は2005年のスティーブジョブズのスタンフォード大学でのスピーチも熟読したものだった。
(そのどれもが私のiTunesに残っている)
そして今はその生の声をYouTubeで聞くことが出来る時代になったのだ。感無量!
https://www.youtube.com/watch?v=x_saMPFcvcE

https://www.youtube.com/watch?v=x_saMPFcvcE


 〜〜〜〜〜〜〜〜

2005年6月12日に行われた米国スタンフォード大学の卒業式でスティーブ・ ジョブズ
http://keico.exblog.jp/7287487
2008年7月8日 火曜日 曇り時々雨
母の言葉とスティーブジョブス氏のスピーチに励まされて

http://keico.exblog.jp/13370864/
2011年8月25日 木曜日 曇り
“Unfortunately, this day has come.”とうとうその日がやってきた。

http://keico.exblog.jp/13918753/
2011年10月30日 日曜日 曇り その二
スティーブ・ジョブズさんを思いながら、、、

http://keico.exblog.jp/15705461/
2012年7月3日 火曜日 曇り後雨
 病院の帰りは、あん蜜とジョブズの<メメント・モリ>
すでに病を知っていた彼が、2005年に米国スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチで、
彼はラテン語のメメント・モリを語り「自分が必ず死ぬことを忘れるな」としていた。

スティーブ・ジョブス 伝説のスピーチ 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=DE8HrWmnLwA&feature=player_embedded
You Tube より

http://keico.exblog.jp/16537299/
2012年10月5日 金曜日 晴れ
スティーブ・ジョブズさん、そして<ブラッサイ パリの越境者>、

-----------
 各紙全容を伝えていたようだが、日経ウェブ版の会員ページからの英文訳文を
moreに記録しておきたい。





27 May 2016

Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and
the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force
unleashed in the not so distant past. We come to mourn the dead, including over
100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans and a dozen
Americans held prisoner.

Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting but against their own kind.

On every continent the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen, peoples have been subjugated and liberated, and at each juncture innocents have suffered -- a countless toll, their names forgotten by time.

The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth, and yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.

In the span of a few years some 60 million people would die: men, women, children -- no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.

There are many sites around the world that chronicle this war -- memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity.

Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity’s core contradiction -- how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our tool making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will -- those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily do we learn to justify violence in the name of some higher cause?

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness. And yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith has a license to kill.

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different. Science allows us to communicate across the seas, fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.

The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

That is why we come to this place. We stand here in the middle of this city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see.

We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

Some day the voices of the Hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of August 6, 1945 must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination, it allows us to change.

And since that fateful day we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people that we can ever claim through war.

The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. Oppressed peoples and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that worked to avoid war and aspired to restrict and roll back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man’s capacity to do evil, so nations and the alliances that we formed must possess the means to defend ourselves.

Among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them. We may not realize this goal in my lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe.

We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles, we can stop the spread to new nations, and secure deadly materials from fanatics. And yet that is not enough, for we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale.

We must change our mindset about war itself -- to prevent conflicts through diplomacy and strive to end conflicts after they’ve begun; to see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition; to define our nations not by our capacity to destroy but by what we build. And perhaps above all we must reimagine our connection to one another as members of one human race -- for this too is what makes our species unique.

We’re not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

We see these stories in the Hibakusha: the woman who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

My own nation’s story began with simple words: ”All men are created equal, and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness.”

Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans.

The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: that is the story that we all must tell.

That is why we come to Hiroshima, so that we might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent.

We can think of those things and know that those same precious moments took place here 71 years ago. Those who died, they are like us.

Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it.
When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.

That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

キノコ雲に人類の矛盾
 71年前のよく晴れた雲のない朝、空から死が降ってきて世界は変わった。閃光(せんこう)と火の壁が町を破壊し、人類が自らを滅ぼす手段を手にしたことを示した。

 我々はなぜここ広島を訪れるのか。それほど遠くない過去に解き放たれた、恐ろしい力について思いを致すためだ。亡くなった10万人を超える日本の男性、女性、子供たち、数千人の朝鮮半島出身の人々、そして捕虜になった十数人の米国人を追悼するためだ。

彼らの魂は我々に内面を見つめ、我々が何者であるか、これからどのようになっていくのかを考えるように語りかけている。

 広島を際立たせているのは戦争という事実ではない。歴史的な遺物をみれば、暴力による争いが初期の人類からあったことが分かる。我々の初期の祖先は石から刃物を作り、木からヤリを作る方法を学んだ。こうした道具を狩りだけでなく、同じ人類に対しても用いるようになった。

 世界の文明の歴史は穀物不足や黄金への欲望、民族主義や宗教的熱意といった理由で、戦争で満ちている。帝国は台頭し、衰退した。人々は支配されたり解放されたりしてきた。節目節目で苦しんできたのは罪の無い人々であり、数え切れない彼らの名前は時とともに忘れ去られてきた。

 広島と長崎で残虐な終わりを迎えた世界大戦は、最も豊かで強大な国の間で起きた。彼らの文明は世界に偉大な都市、素晴らしい芸術をもたらしてきた。思想家は正義と調和、真実という概念を発展させてきた。しかし戦争は初期の部族間であった支配や征服と同じような本能から生まれてきた。新たな能力が、支配欲や征服欲が争いを呼ぶという古くからの構造を増幅させた。

 数年の間におよそ6千万人の命が奪われた。我々と変わらない男性や女性、子供たちが銃撃され、打たれ、連行され、爆弾に巻き込まれた。投獄されたり、飢えたり、ガス室に送り込まれたりした。

 世界各地には勇敢で英雄的な行動を伝える記念碑や、言葉には言い表せないような邪悪な出来事を反映する墓や空っぽの収容所など、戦争を記録する場所が数多く存在している。

 しかし、この空に上がったキノコ雲の姿は、人類が持つ矛盾を強く思い起こさせる。我々を人類たらしめる思考、想像力、言語、道具を作る能力、我々を自然と区別し、自然を自らの意志に従わせる能力は、大きな破壊的な力も生み出した。

広島は真実を告げている
 いかにして物質的な進歩や革新がこうした事実から目をくらましてきただろうか。崇高な理由のために暴力をどれだけたやすく正当化してきただろうか。

 すべての偉大な宗教は愛や平和、正義への道を約束している。しかし、どの宗教も信条のもとで殺人が許されると主張する信者を抱えてきた。

 国の台頭は人々の犠牲と協力を結びつける物語として語られてきたが、人類を抑圧し、人間性を奪う理由にも使われてきた。科学の力で、我々は海を越えて対話し、雲の上の空を飛び、病気を治し、宇宙の真理を知ることができるようになった。しかし同じ科学の発見が、効率的な殺人の機械を生み出すこともある。

 近代の戦争や広島(での原爆被害)はこの真実を告げている。科学の進歩に見合うだけ人間社会に進歩がなければ破滅が訪れる。原子核の分裂を可能にした科学の進化と同様、道徳の進化も求められている。

 だから我々はこの場所を訪れる。広島の真ん中に立ち、原爆が落とされた時に思いをはせる。目の前の光景に子どもたちが味わった恐怖を感じる。

 声なき悲鳴に耳を傾ける。あのひどい戦争やそれまでの戦争、そして未来の戦争の罪なき犠牲者全員に思いを寄せる。

 言葉だけではそのような苦しみに声を与えることはできない。歴史を真っすぐに見つめ、再び苦しみを生まないために何を変えなければいけないのかを問う共通の責任がある。

恐怖の理論から逃れよ
 いつか、証言をしてくれる被爆者の声を聞くことができなくなる日が来る。しかし1945年8月6日朝の記憶は絶対に消えてはならない。この記憶によって我々は独りよがりではいられなくなる。道徳的な想像力がかき立てられ、変わることができるようになる。

 そしてあの運命の日から、我々は希望ある選択をしてきた。日米は同盟だけでなく友情を鍛え、戦争で得られるよりもはるかに大きな利益を勝ち取った。

 欧州の国々は連合体を築き、戦場を商業と民主主義の連帯(の地)に変えた。抑圧された人々や国々は自由を得た。国際社会は戦争を回避し、核兵器を制限、削減、ついには廃絶するための機構や条約を作った。

 それでも、国家間の紛争やテロ、腐敗、残虐性、抑圧が世界中にあり、道のりが遠いことを思い知る。人間が悪を働く力をなくすことは難しく、国家や同盟は自分自身を守る手段を保持しなければならない。

 しかし我が米国をはじめとする核保有国は、恐怖の理論から逃れ核兵器のない世界を目指す勇気を持たなければならない。私の生きているうちには、この目標を達成することはできないかもしれない。しかしたゆまぬ努力により惨劇の可能性を後退させることはできる。

 新たな国や狂信者たちに恐ろしい兵器が拡散するのを止めることもできる。しかし、それだけでは十分ではない。世界をみれば、非常に原始的なライフルや樽(たる)爆弾がどれだけ大きな破壊力を持つか分かる。

 我々は戦争そのものへの考え方を変えなければならない。外交の力で紛争を防ぎ、紛争が起きたら終わらせようと努力をすべきだ。国と国が相互依存関係を深めるのは、平和的な協力のためで、暴力的な競争のためではない。軍事力によってではなく、何を築き上げるかで国家を評価すべきだ。そして何にも増して、同じ人類として、互いのつながりを再び考えるべきだ。それが、人間が人間たるゆえんだ。

 遺伝情報のせいで、同じ過ちを繰り返してしまうと考えるべきではない。我々は過去から学び、選択できる。過去の過ちとは異なる物語を子どもたちに語ることができる。我々は同じ人間であると伝え、戦争を今よりも起きにくくし、残虐さが簡単には受け入れられなくなるような物語だ。

 我々はこうした物語を被爆者から学ぶ。原爆を落としたパイロットを許した(被爆者の)女性は、憎むべきはパイロット個人ではなく戦争そのものだと理解していた。日本で殺された米兵の家族を探し当てた(日本人)男性は、米国人も自分と同じように家族を亡くした喪失感を抱えていると感じた。

我々が選びうる未来
 私の国の物語はシンプルな言葉で始まる。「すべての人は平等で、神によって生命や自由に加え、幸福を追求する譲歩不可能な権利を与えられている」

 この理想を実現することは米国内の米国市民であっても、決して簡単なことではない。しかし、この物語を実現することは、努力に値する。それは努力して、世界中に広められるべき理想の物語だ。

 我々全員は、すべての人間が持つ豊かな価値やあらゆる生命が貴重であるという主張、我々が人類という一つの家族の一員だという、極端だが必要な観念を語っていかなければならない。

 我々は、その物語を語るために広島に来る。そして愛する人のことを考える。朝起きてすぐの子どもたちの笑顔、夫や妻とのテーブル越しの温かなふれあい、そして親からの温かな抱擁。

 こうしたことに思いをはせ、そしてそんな素晴らしい瞬間が、71年前この広島にもあったことを知る。亡くなった人は、我々となんら変わらない人たちだった。

 普通の人ならこうしたことが分かるだろう。彼らは、これ以上戦争が起きることは望まない。彼らは科学は、生命を奪うためではなく、生活をより良くするために使われるべきだと考えている。

 国家や指導者がこうした単純な知恵を使って(国の方向を)選択するならば、広島の教訓が生かされたことになる。

 ここ広島で、世界は永遠に姿を変えてしまった。しかし今日、この町の子どもたちは平和の中に生きている。なんと貴重なことか。それは守られるべきことで、世界中の子どもたちが同じように平和に過ごせるようになるべきだ。

 それが我々が選びうる未来だ。そして、その未来の中で広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、我々の道義的な目覚めの始まりとして記憶されるだろう。


by pretty-bacchus | 2016-05-27 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22855299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-06-01 09:17 x
何とも隔靴掻痒の訪問ですね。これで、かたがついたわけでは ありますまい。
Commented by BBpinevalley at 2016-06-03 08:42

アメリカは(ホワイトハウスは、と言うべきか)、あまり取り上げたがりませんが、歴史的に見れば記録すべき出来事だったと思います。
アメリカ人は、謝るということを「弱さ」の表れと見ますから、大統領として謝ることはできないわけですね。
あの演説内容も、何年か前のState of the Unionと一緒だと、斜めな意見が出ていましたが、日本としては一つの大きなけじめでした。
ケリーさんがまず道を作ってくれて、良かったですよね。
Commented by pretty-bacchus at 2016-06-03 10:24
ななはんさん、山積の問題はまだまだでしょうが、なんだか一つの山だったように思いました。

Commented by pretty-bacchus at 2016-06-03 10:34
BBpinevalleyさん、こんにちは。
そうですね。七十一年というのは途方もない数字だったのですね。

謝ったら、また次のマストが出てくるでしょうし、とても良いスピーチと思って聞いていましたが、なるほど<State of the Unionと一緒>という意見は、そちらにいらっしゃらないとなかなかわからないですね。

ケリーさんが道をつけて、ケネディー大使も何度も広島に通ってのようで、大きな一つのケジメになりましたね。

名前
URL
削除用パスワード


<< ドクダミの白い花と黄色いパンジー      松川玉堂先生の六回目のお習字の... >>