ベランダの<ひよどりじょうご>は毒草でもあり薬草なのだそうです
2016年5月10日 火曜日 曇りのち雨

 ベランダのヒヨドリジョウゴの蔓の葉がまた大きくなった。
去年の赤い実が色が変わってついている。

 一昨日の<ひよどりじょうご>ブログにrain_grace さんからコメントをいただいた。
<『ひよどりじょうご』って不思議なネーミングですね>
ほんと、いつもそう思っていたのに調べたことはなかった。
一昨年からこのベランダにやってきてくれた可憐な白い花はそれだけで満足。
なにも調べなくたって良かった、、、。

http://keico.exblog.jp
2016年5月8日 日曜日 晴れ
ベランダのひよどりじょうごの葉がでてきました

 ネットの時代だ。いろいろ検索してみた。
鵯上戸(ヒヨドリジョウゴ)はナス科ナス属(ソラヌム属)の蔓性多年草。
全国に分布して日当たりの良い野原や林などに生える。
北海道から沖縄にかけて分布し、林の縁や山道などに生えるのだという。

ラテン語のsolamen「安静」が語源。
蔓の長さは2メートルから4メートルくらいになり、全体に毛が密生し葉は卵形。
花径1㎝ほどの白い花が集散花序につき、5枚の花弁は反り返り、黄色い葯がよく見える。
花後の実は7~8mmほどの液果で緑から赤く熟す。
実には解熱、利尿、解毒などさまざまな薬効がある薬用植物だが、神経毒であるソラニンを含む
有毒植物でもあるので食べるのは危険である。
漢方では「白毛藤」という生薬として、解熱、解毒、利尿に用いる。
別名を保呂之(ホロシ)といい、この名称は万葉集にも登場する。
花言葉は「真実」。とある。
 
ヒヨドリジョウゴの名は、ヒヨドリがこの赤い実を好んで食べることから名付けられたとされるが、
実際にはとくに好んで食べるわけではないという。
な、なんと! ジャガイモの芽にもあるソラニンという毒を持っているのだそう、、、。
さらに調べてみたら、同時に薬草ともいうのだから驚き。
以下、薬用植物一覧表より。
ヒヨドリジョウゴ福島地方の民間療法として、帯状疱疹ヘルペスには、果実ごと全草を酢に漬けた物を、
患部に直接塗布します。
中国では、ヒヨドリジョウゴを白英(はくえい)、全草を乾燥したものを生薬名で白毛藤(パイマオティン)
と呼び、解毒、解熱、利尿に用い、また、ガンや急性黄疸型肝炎の治療に用いています。
中国の古書「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」では、「胃腸をよくし、心を鎮め、
長く服用すれば、体を軽くし長寿を保つ」との記述があり、本草書では解熱、利尿、解毒薬としています。

最近、抗腫瘍作用のある成分が含まれているということで注目されている、
ということです。

 今年はなんとか種を採って来年にはプランターに蒔いてみたいな、、、。

a0031363_2194699.jpg
(ガラス越しに、ベランダの枯れた君子蘭の鉢には今年もひよどりじょうごの葉がでてきた)
君子蘭の葉は一つ二つで、一昨年の春からは、土と一緒にやってきた名もなき細い植物が二本。
初めて花をつけたのは晩夏の頃。
名もなき花と思ってブログにアップしたら、ナナハンさんから一昨年
<ひよどりじょうご>とおしえていただいたのだ)


a0031363_21101996.jpg

 〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/20208976/
2014年9月17日 水曜日 曇り
いぶし銀の朝顔とひよどりじょうご
a0031363_11256.jpg


http://keico.exblog.jp/21532551/
2015年8月7日 金曜日 晴れ
猛暑日の都心のベランダの片隅に小さな命が 花開きました
a0031363_20161580.jpg


http://keico.exblog.jp/21642239/
2015年9月12日 土曜日 晴れ
秋の日のヴィオロンのためいきの  身にしみてひたぶるにうら悲し
a0031363_1184575.jpg



http://keico.exblog.jp/21813464/
2015年11月5日 木曜日 曇りのち晴れ
過去のブログをひもといて、ベランダのヒヨドリジョウゴと遊んで
a0031363_1656694.jpg
(君子蘭の鉢に寄生したヒヨドリジョウゴの鶴がのびて、赤い実がなっている、、、)

 
 雨の中を久しぶりにお寿司屋さんで待ち合わせ。
壱岐の島のはるかという牡蠣を楽しみ、おすしやさんなのに最後はこっそりと黒毛和牛を出してくださった。
ワインは魚にも肉にもあうと思ってヴィッラヴィーニャマッジオのサンジョヴェーゼ&メルローの
テレ ディ プレンツアーノをいただいた。
HさんSさんありがとう!と感謝の夕げ。

a0031363_21113067.jpg

a0031363_2112173.jpg

by pretty-bacchus | 2016-05-10 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22802069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rain_grace at 2016-05-12 21:59 x
今晩は、pretty_bacchus様。ベランダにやってきてくれた可憐な白い花…
それだけで満足。何も調べなくて良かった…。


pretty_bacchus様、なんて無粋なことを聞いてしまったのだろうかと後悔しています。
ところでブログを読み進むうちに、お寿司の話になっているではありませんか!
素晴らしいです!
私はワインの味に関してはよくわかりません。
わからないながらも、アルゼンチンの赤は大好きです。
お寿司には日本酒を選びます。日本酒に関しては好みの味わい…と言うより、身体が喜んでいるかどうかそれだけなんですが…ごく自然に選んでいます。
Commented by pretty-bacchus at 2016-05-13 19:34
rain_graceさま、こんばんは。決してそんなことはありません!!
いろいろ調べてとてもおもしろいことをいろいろ発見したのです。

アルゼンチンの赤ですか。私はほとんどフランスワインでそだち、今はイタリアも飲んでいます。
お寿司には日本酒が美味しいですよね。以前は日本酒もかなり飲んだのですが、いろいろとドクターストップがかかり、かろうじてワインで楽しんでいます。

Commented by nanahan at 2016-05-14 15:11 x
ヒヨドリジョウゴが鳥を呼んだのかしら~~。

お寿司やさんでワインのお客さん多くなりましたね。
Commented by pretty-bacchus at 2016-05-14 22:37
ナナハンさん、こんばんは。ヒヨドリジョウゴが今年も咲いてくれそうで
とても嬉しいのです。

そうですね、お寿司屋さんのワインが多くなったように思います。

名前
URL
削除用パスワード


<< 東京の街並みは日々新しくなっています      雨の夜道は何の道なのだろうか >>