イヌシデは緑を増し、梧桐の木の芽もではじめました
2016年5月1日 日曜日

 皐月、そう皐月となってしまったのだ。
風薫る五月なのに、どうやら少々憂鬱気味。五月病というのがあるそうだが、
今まで人ごとと思っていたが、この歳になってその病に陥ったのだろうか、、、、。

 借景の新緑はますます<緑>になってもはや初夏!
三十年前には木のてっぺんはみえなかったのに、今はずっとずっと高くなってしまって部屋の中からは
もうみえない。
やってくる鳥たちも上の方でピーピー、、、。

カーテンの間からみえるいつも鳥が休みにやってくる枝がもっと上の方に行ってしまうのは
あとどのくらいだろうか。

 元気にな〜〜れ!
自分に声をかけて、晩春五月の一日が始まった。

(日の出時間になると借景の一番奥のアオギリの上に鳥たちが来始める、、、)
a0031363_439247.jpg
(あら、梧桐の木の芽が出始めましたね!)

(午後に陽が当たり始めると、、、、緑を借景カーテンが揺れる、、、)
a0031363_440249.jpg


a0031363_4414838.jpg


by pretty-bacchus | 2016-05-01 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22773213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-05-04 05:44 x
まさか~~五月病などは嘘っぱちでしょうね!!朗らかな西洋好きのご婦人が
ふさぎ込むのは似合いませんね。せっせと外出ですよ!!!
Commented by pretty-bacchus at 2016-05-05 19:22
ナナハンさん、そんなに西洋好きではないのですが、、、むしろ和風が好きなのですが、、、、

名前
URL
削除用パスワード


<< 梧桐の芽もでてきました、土手に...      借景の緑が朝の光にキラキラと煌めいて >>