先輩ご夫妻にお寿司やさんにお連れいただきました
2016年4月27日 水曜日 曇り Oさんにお招きいただいた

 Oさんのお招きで新しいお寿司屋さんへ。
お寿司大好きなので若い頃から何軒か行きつけのお店ができた。
味が良くお手頃価格であることが大切だが、やはりその店の<亭主>の<味>が一番大切に思ってしまう。

お寿司屋の<大将>って、和食の板長とも、もちろんフレンチのシェフとも違った<アジ>が
求められるかも知れない。
寿司をにぎる腕はもちろんだが、カウンター越しになにげなく言葉を交わしながらお客様の好みをみきわめ、
時には食の細さ太さまでわかり、つぎのネタをにぎっていく。
またその客の品まで理解して時には話題を変えたりできるのは、やはりあまり若い<オヤジ>では
無理なのかも知れない。
ある程度人生経験を積んだ<いい男>が、さりげなく握ってくれる旬の味はなんともいえない。

 今ではそういう時代ではなくなったようだが、四半世紀前ころまでは、
女性が一人で寿司屋のカウンターにすわり、ワインや酒を飲みながらつまみを食べ、
好みのネタを握ってもらって一時をすごすのは生意気だと思われていた。
とうの寿司屋のオヤジがそう思っていたら最悪で、いくら美味しくリーズナブルのお寿司屋でも
だんだん足が遠のくことになる。

 今夜のお寿司屋さんは九席だけのカウンターで、板さんは四十歳代。
客は私たち四人と、あとから入った若い男女のカップル。
春キャベツの付きだしの後に、お任せでお刺身の盛りあわせ、そしてお寿司はシャリを小さくしてもらって、
これもお任せにしてみた。
初めてのお店ではこれが良いかもしれないと思っている。
ビールがお好きなOさんなのでまずビール。私たちは泡物が先に入ると酔いがちなので白ワイン。
四人での話が多かったので、板さんとはあまりお話しできなかったが、もう一度行ってみたいと思った
良いお店だった。

 出口まで送ってくださった板長が、いかがでしたか、、、とおっしゃった。
“とても美味しかったです。ありがとうございました。と連れ合いといっしょにお礼を言った。
“でも一つだけ、、、いいですか? ワサビがもっと美味しかったら嬉しいです〜〜〜。
ワタシワサビで飲むのもすきなので、、、すみません〜〜〜”、と言ってしまった。
これが私が生意気と思われてしまう一つなのかも知れない、と思っているのにまたしてしまった。
でも次にまたこようとおもっているからで、もう二度といかないと思うお店なら、ごちそうさまでした、
と頭を下げて失礼するのだ。

 年上のお二人との夕食はとても楽しい宵でした。
感謝です!
次は、“うまくて安い、いやお手頃感”の天ぷら屋さんに連れて行って下さるそうで、嬉しいな〜〜〜!

a0031363_3193269.jpg


a0031363_317331.jpg
(エントランスのこの蕾はなにかしら?)

by pretty-bacchus | 2016-04-27 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22763169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-04-30 14:30 x
お寿司とウナギは当たり外れに個人差があります。「外れだなぁ、この店」
はと思っても、紹介者は当たりと思っているフシがありますね。
好みの小さな事に左右されやすいのです。
Commented by 郁子 at 2016-04-30 23:54 x
敬子さん、 一番最後の植木の写真についてですが、これと似た観葉植物が
わが家のリビングにもあるのです。
テーブルヤシという名で、始めは20センチほどのミニ植物でした。
それでも次第に大きくなってゆき、一度植え替えましたが、
大きくなるのがいやで、その後は鉢を大きくしないでもう10年程になります。
写真のは丈も葉も大きいけれど、多分これも同じテーブルヤシでは?
黄色いのはそのままで花なんです。毎年春になるとそんな具合に花を咲かせ、
今もひと茎?残っています。
粟粒のようなのが花で、やがてぽろぽろ散ってくるので、
枯れ始めたら床を汚さないようにと、切ってしまいます。
美しいものではないのですが、精一杯生きているんだと、水やりだけは欠かしません。
とても丈夫で、特別な手入れもしないのですが、
直射日光の当たらない部屋の片隅が好条件で、春には新しい葉を出してくるんですよ。
ほんとに手のかからないお利口さんです。
ご参考までに書きました。
Commented by pretty-bacchus at 2016-05-01 12:24
ナナハンさん、なるほど、そういうことってありますね!
ワタシも気をつけることにいたしましょう、、、、

Commented by pretty-bacchus at 2016-05-01 12:28
郁子さん。ありがとうございました。
あれが花なのですね。ほんと一生懸命生きている感じで、ついレンズを向けたのでした。
テーブルヤシですか。そういえば花屋の外に小さい鉢が売っていたりしますね。

ぼろぼろ落ちるのはこまりますね。


名前
URL
削除用パスワード


<< 書道四日目の後はミッドナイトイ...      借景の緑と鳥と土手の雛芥子に癒... >>