病院の後は東京駅のタクシーでいろいろ
2016年4月21日 木曜日 曇り後雨

 真夜中すぎの十三夜が美しかった。
ガラス越しのカシャカシャ、、、おかしい、涙がとまらない、、、。

a0031363_2491070.jpg


 昨日のいろいろで一睡もせずに家を出た。
昼間の土手の深紅のツツジがまぶしかった。

a0031363_2495557.jpg


a0031363_2515015.jpg


 半年に一度の検査は、血液検査、超音波、CTなど。
先生との面談が今日の一番最後だったようで、SドクターからこのU先生に変わってから
初めてゆっくりとお話しを聞くことができた。
いろいろ体調の悪さを訴えたが、まあ、大丈夫でしょうと?!
去年の初めから四回目、もし今回納得がいかなかったら、病院を変わることも考えていたので、
まあ今回はこれでよしとしよう。

検査結果はあまり問題がないようだったが、今のお薬についてあとどのくらい続けるのかが不定。
アメリカのデータなども見せてくださったが、先生にも漠然としていて日々変わるデータなのかもしれない。
五年生存率が十年注意ということになった2015年だが、なんと2016年のデータでは、
その必要がないようで7年とか。
でもいずれにしてもそのデータが生きるのは30%というから、まだまだ癌の再発転移などは
研究段階なのだ。

 問題は会計を終わって隣の薬を受け取る時に起きた。
いつもとまったく違う名前の薬が二種類。
これは違っていますと言ったら、いつものと同じだがジェネリックなのだという。
“わたしはジェネリックは使わないのですが、、、”
どうやら厚生省の方針で、病院のストックがなくなった時点で、なるべくジェネリックに移行の方針のよう。
頑として断って、もう一度二回の乳腺センターに行ったら、すでに先生は医局にもどられたとのこと。
それでもお願いして、かなり待ってから、いままでのお薬に換えてくださった。
薬の名前など気にしない患者さんは、なんとなく移行されてしまうのだろうか、、、。

 雨が激しくなってきたし、疲れ切っていたがどうしても東京駅に用があってタクシーに乗った。
八重洲口のタクシー降車場は、十数年来の工事が終わって去年から道路で降りなくて良くなったが、
左にまがって一番奥までいくには自家用車と一緒で、その上一車線。
ぎりぎりまで入ってもらっても雨に濡れてしまうのだ。
奥までいくのに数メートルなのに時間がかかって、その間に運転手さんと、国交省の認識の無さをおしゃべり。

 小一時間で用事をすませ、暗くなって雨がひどくなってきた午後七時に、今度はタクシー乗り場に並んだ。
この日本の表玄関の東京駅なのにタクシー乗り場は一個所しかない。
ゼムクリップのように細いラインに三重に人が並んでさらにずっと列が続いている。
長方形の小さな木の屋根があるのだが、三列目位まで。
駅ビル側の三回あたりからは白いテントがずっと真横にはられているのだが、その間だから風雨が落ちてくる。

“まったくひどいモノですよね、、、この駅は、、、”
とどこからともなく誰もが話し出し、やがて誰もが疲れて無口に。
外国の人もいるようだがだまって待っている。

 無線で呼ぶことを試みたが、電話はずっとお話し中。
すでに二十分は待った頃、後ろの方にフランス語の人が二人並んで、しばらく列に着いていた。
静かな中年の方と、ちょっとがさつっぽい若い人。
しばらく静かにお話しをしていたが、やがて若い方の人が大声で怒鳴り始めた。
“オッララ、、、サバパ、トウキョ、、、テリーブル、、、バッシュマン コムサ、、、。
(<東京はまったくダメだ、、、酷いもんだ、、、こんな風にヒデエ>の感じ。)
バッシュマンという単語を久しぶりで聞いた。
絶対に使ってはいいけませんよ、、、とジャクリーヌから言われている酷い言葉なのだ。

やがて道路でタクシーをひろおうと話しながら、雨の中に出て行ってしまった。
表通りでは乗車させてもらえないことは知らないから、、、。

 半時まってやっとタクシーに乗れた。
“どの暗い待ちましたか?”と聞いてくださり、この駅のタクシー降り場乗り場の話になった。
“小学生でもわかるのに、この設計のひどさはどうしようもありませんよね、、、”
それから運転手さんはずっとひどいいろいろのケースの話をしつづけた。
よほど日頃ひどい状態をみているのだろう。
なんとかならないのだろうか。

 Kさんとの夕食を朝の内に延期していただいていてよかった。
来週の今頃までは元気になりないな、、、、。



by pretty-bacchus | 2016-04-21 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22744127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-04-24 07:14 x
気持ちも体調もぐっと下がりますね、都心は年寄りには不親切、ことに乗り降りは不親切です。
「じゃぁ~どうすればよいの?」「年寄りは出歩かないで座敷牢みたいに引っ込んでいろ」
なのでしょうか?年齢差による彼我の仕打ちが年々、ひどくなってきますね。nanahan拝
Commented by pretty-bacchus at 2016-04-25 02:38
ななはんさん、どうして公共の施設を造る人は、場所だけではなく、乗りやすさとかを考えないのでしょうね。


名前
URL
削除用パスワード


<< アマゾンが有料に、送料無料のヨ...      <苦しさに打ち勝つことを試みる... >>