熊本にマグニチュード7の地震が起こった
2016年4月15日 金曜日 晴れ

 昨夜起きた熊本の地震は凄まじいものだった。
遅くに家に帰りニュースで知りビックリ。
NHKはすぐに特番がはじまり、他局も早かった。

 政府の対応もとても早く、午前二時過ぎには対策本部が立ち上がり、安倍首相の記者会見があった。
応援人員も最初は数千人だったのが、夕方には一万五千人と増えた。
発表する管官房長官の疲労困憊の様子は少し気の毒だった。
五年前の民主党エダノ某とは違い、気持ちがはいっていた。

 現地入りした消防署員も真夜中すぎには救援活動が始まっていた。
驚いたのは、まだ暗い午前四時半には、朝ご飯を支度する一隊が現地入りしたことだ。
救援物資も水もどんどんつき始めた。
段ボールには救援物資と書かれている。でもまだまだ援助物資は足りないという、

あれよあれよと、、、、寝ることが出来ずにテレビの情報に見入ってしまった。

 過去の何度かの大きな災害をモデルに国全体にこういう救援体制のマニュアルが出来ていたのだろうが、
すばらしいものだった。

 しかし時間がたつにつれて被害は大きくなっていく。
多くの家屋が倒れ、鉄筋コンクリートの市役所が傾いていた。
熊本城の石塀もこわれて、天守閣の瓦も落ち始めていた。
被災者はどんなにか辛く大変なことだろう、、、。

 寝られずに起きてしまって、朝の光あふれる借景の木々に手を合わせた。
余震が度重なり二桁が三桁になってきた。
なんとかならないものか、、、ただ祈るのみがはがゆい、、、。

a0031363_692416.jpg

(すっかり緑になった借景のイヌシデの木、、、、奥のアオギリはまだこぶこぶのまま、、、)
a0031363_6101496.jpg


 夕方に一番早く
JAL マイレージバンク日本地区会員事務局からメールでの義援金の依頼があった。

2016年4月14日に熊本県熊本地方で発生した地震の影響で、
 熊本県熊本市、益城町をはじめ、甚大な被害が発生しています。
 お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、御遺族の皆さまに
 お悔やみを申し上げます。
 また、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 一日も早い復興を願い、JALグループでは救難物資の輸送・支援者渡航への
 協力および支援金の寄付を通じて、被災された方々を支援します。
 同時に、JALマイレージバンク会員の皆さまにマイルでご支援いただける
 『「平成28年熊本地震」被災者支援マイル』を本日より実施しますので、
 ご賛同いただけるJALマイレージバンク会員の皆さまにチャリティ・マイル
 でのご協力をお願いいたします。

 チャリティ・マイルのお申し込みは、2016年5月31日(火)23:59(日本時間)
 まで、下記のWebページより受け付けいたします


 詳細をみるとミニマム三〇〇〇マイルからとある。
このマイレージをためるには三十万かかるのだそうだが、こういう形での義援金募集は初めてだったので、
すぐに申し込んだ。一日も早い復興を願って、、、、、、、、、、。

 夜までにはいろいろの形で被災者支援の義援金口座が発表されたが、
その多くはは、ヤマビコ支店とかのネット銀行の支店だったので、ウェブ時代まっただなかなのだろう。

 これ以上被害が広がらないことを祈りながらいつもより少し早く床に着いたのだが、、、


by pretty-bacchus | 2016-04-15 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22722982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-04-17 19:57 x
いやはや、四半世紀に3度の大地震など、長い日本の歴史にもありません~~
希有なことですが、安倍政権の腕の見せ所でしょう。正念場ですね。東京五輪は返上が
今なら出来ますね。
Commented by pretty-bacchus at 2016-04-18 15:45
ナナハンさん、ほんとうに混沌として二十位世紀の初頭になりましたね。
安倍政権はよくやっていると思いますが、あまりの災害の大きさに組織もついていけないようですね。


名前
URL
削除用パスワード


<< 都バスの高い車窓から薄暮のお堀...      まだ明けきれぬ日の出時間前にオ... >>