桜待ちの午後に今のフレンチ業界のことをいろいろ
2016年3月25日 金曜日 花曇り花冷え

日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 05時37分  : 日の入 17時57分
  月の出 19時32分  : 月の入 06時30分

 月が綺麗ですよ〜〜〜。
隣の部屋から声が聞こえた。私の寝室からは見えないので、おきだしてリヴィングルームへ。
明け始めるまえの黎明の西の空に、立待月が笑っていた。
ガラス越しにカシャッ〜〜!

a0031363_2223590.jpg


a0031363_15967.jpg


 開花宣言のあとも、花冷えが続いて、そのうえ花曇り。
花曇り、花冷え、花筏、花の付く言葉ってなんとも素敵。
<花>といえば平安以前は梅だったそうだが、その後は桜なのですって!

 午後一に友人のフレンチレストランの新しいシェフ候補の面接に立ち会い。
今は日本のフレンチのほとんどがフランスで修行した方で、その経歴に目を見張るが、
果たしてお味はどうなのだろう?
それぞれなのだろうが、あまりにもA.D.の傾向にありすぎるような気がしているのは私だけだろうか、、、。
ここ十数年は、新しいお店がオープンしても訪ね歩くことはなくなったので、私たちの情報も前世紀のもの。
それでも少しお役にたったのかしら?

 三部咲きくらいの桜を愛でながら家路に。
明日はもう少し花開くのかな? 花待ちの一時です。



by pretty-bacchus | 2016-03-25 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22648138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 週末の真夜中は桜カクテルと特別...      午前中は病院、夕方からは<書道... >>