ほんの一瞬だけ拝せる太陽をガラス越しにカシャッ!
2016年1月29日 金曜日 曇り

 夕陽が好きなのね、、、って子供の頃から言われていた。
西の空に沈みゆく夕陽と変わりゆく黄昏のそらをみているのがとっても好き!
一日の終わりに感謝しながら自然に手を合わせて祈ってしまう、、、。

 黎明のころももちろん好きだが、きっとそんな早くに起きないから機会がすくないのだろう。

 ここに越してきた頃は後ろの白いお家のビルがなかったし、右の方の病院の建物もなかったから
南から西の空までず〜と見渡せたのに、最近は午後の夕陽がしばらくだけのぞいてから一瞬隠れて、
すぐにビルの間だから顔をだしたかと思うとあっというまに沈みいってしまう、、、。

その短い時間に夕陽はリビングの奥の方まで入り込み、数分カーテンを燃やす。
鳥たちが借景の木々にやってきて、やがて去って行き、黄昏の終わりのせつない暗さがやってくる。

今日も終わってしまったのだ、、、とかすかな安堵と不安を覚えるのもこの頃、、、。
明日に向かって歩まねば、、、と自分に言い聞かせて、、、、やがて漆黒の闇がやってくる。

朝日が好きなのね、、、て言われることはもうないのかもしれない。

a0031363_18365915.jpg
(ほんの一瞬だけ拝せる太陽をガラス越しにカシャッ!)

by pretty-bacchus | 2016-01-29 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22330460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 寒い夜のスッポンのお鍋はピエモ...      加齢黄斑変性&ロービジョンとい... >>