厳寒の夜は鴨鍋とお蕎麦とイタリアワインで
2016年1月26日 火曜日 晴れ

 寒いがきれいな青空の一日だった。
ガラス越しに借景のシデの木にやってくる鳥たちをながめながら、時々カシャカシャ、、、。

a0031363_22175250.jpg
(超望遠レンズで圧縮されているが、遠くの枝の二羽の鳥はずっと向こうに、、、、)

 蕎麦好きが嬉しいお店を見つけてまだ数日。
そっと電話で今夜のお料理をきいたら鴨鍋とのこと。 いかずばなるまい。

 普段着のまま、コートをひっかけて出かけた。
おつまみにキンピラと厚揚げをいただいて、そのあとはお野菜一杯の鴨鍋。
仕上げのお蕎麦は一皿目は鴨鍋のお汁で、二皿目はソバつゆでいただいて満足!
赤ワインは、ピエモンテ地方のモンプラ2002! 熟したネッビオーロの芳醇な香りが!

 寒い夜を十七夜の月を愛でながら、遠回りして帰宅。

a0031363_22184930.jpg

a0031363_22182028.jpg
(お蕎麦をあげる網はステンレス、竹製を使わないのは衛生的だからと、、、)



by pretty-bacchus | 2016-01-26 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22299169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kurabusobae at 2016-01-28 17:58
いやはや~~美味しそうですね、暖まりますね、こいつをワインでなんて~~すばらしい。
ナナハン拝
Commented by pretty-bacchus at 2016-01-28 18:52
ナナハンさん、こんばんは。
鴨といえば、やはり赤ワインでと洒落込んだわけでして、、、はい。


名前
URL
削除用パスワード


<< はかない色の彩雲が一瞬西の空を...      友は雪化粧の富士山に送られて巴... >>