正月二日目は静かに暮れていきました
2016年1月2日 土曜日 晴れ

 先だって徹夜で創った年賀葉書インジェクトプリントの年賀状は連れ合い用。
申年年賀状
a0031363_529041.jpg
(写真は、昨年十月に嵯峨釈迦堂のふくみ先生のアルスシムラ総会の会場の廊下でふ目にとまった
猿の板絵を枚だけ撮ったのを使うことにした)
(左下は一言手書きで)
(プリントのミスの<お祈りしたします>をちゃんと<いたします>となおした。

 私はここ数年来年賀状を書かないことにしてしまった。
今年はメールでのご挨拶もはしょってしまって少し後悔しているが、、、。
(といっても、いただいた賀状には葉書かメールでお返事をさせていただいているが、、、)

http://keico.exblog.jp/21951315/
2015年12月18日 金曜日 晴れ
久しぶりに<デザイン工房 プレジールドゥヴィーヴル>のオープンで年賀状を

それなのに、ブログでまず新年のご挨拶をするとは時代も私自身も変わりつつあるのだろう、、、。

 <生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく
keico.exblog.jp>のタイトルバーの下の一センチほどの今月の横棒色は<巴里の赤
そしてNKさんの今日のブログの写真<路地>のヴェネツィアの赤い傘の色!
http://k7003.exblog.jp/22728991/
NK's PhotoBlog
k7003.exblog.jp


 赤は新春とお祝い赤、国旗の赤、そして決意の色でもある。
赤はその他に<曼珠沙華の赤>とか<茜色の赤><すいかの赤>とかいろいろ。
気に入った写真のある一部の色をフォトショでキャプチャーしていろいろとってある。
今は何十色にもなっている。
憂いときはうい色にしたり、嬉しいときはピンク色、、、。
去年はオナガの清らかなブルーも加わった。

 金色はサンテグジュペリ伯爵と十年前に訪ねた金閣寺の<金>

http://keico.exblog.jp/1621298/
2005.02.02 サンテグジュペリ伯爵、京都で最期の日
雪の金閣寺と竜安寺石庭

<銀>は竜安寺の石段、
曼珠沙華石庭への階段
a0031363_16421484.jpg


 ブルー=碧は空の色のいろいろとかベランダの咲いたいくつもの朝顔の色いろ、<フェルメールブルー>は京都の特別展でみた
あの修復なった
《手紙を読む青衣の女》一部のラピスラズリ-ブルー738abc 。

http://keico.exblog.jp/13140301
2011年7月25日 月曜日
日曜美術館<“手紙”が語るフェルメールの真実

http://keico.exblog.jp/13325473/
2011年8月19日 金曜日 晴 その一
京都市美術館でのフェルメールからのラブレター展

http://keico.exblog.jp/16815991/
2012年11月16日 金曜日 曇り
一年半前のブログにコメントをいただいて感動
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2011/0724/index.html
NHK日曜美術館
 a0031363_6445320.jpg

http://keico.exblog.jp/20130708/
2014年8月22日 金曜日 晴れ
マウリッツハイス王立美術館での“一九九六年四月ハーグ”のフェルメール特別展


二十世紀に旅したフランスの<セートの海の色><宇宙の青>もある。志村ふくみの<藍>もある。

http://keico.exblog.jp/18337879
2013年7月31日 水曜日 雨のち曇り
<アルスシムラ十五週目>最後は嵯峨の都機工房で卒業式

a0031363_2029691.jpg(二染めのはじめ、、、、)
“あ〜〜! 緑が、、”誰かが声をあげた。
でも、ほんの数秒でそれは消えてなくなり、藍になる。
そう、いつも先生がおっしゃり書いてらっしゃるように、緑という色は決してそれだけでは
この世に生まれないのだ。
(先生がその感じを深められたのもゲーテの色彩論をお読みになられた頃からだったという)
一度あげて空気と交流した糸を、更にもう一度藍瓶に入れる。
さらに濃い緑となった糸は数秒後には藍色に変わってしまう


 そしては借景の緑のいろいろ、、、が。
黄金色、黄色は<ガレの光厳>cc9933というのもあるが、この作品の元はもう私の手元にはない。
紫も薄紫から江戸紫、濃紫まで、、、。

 その昔万年筆のインクをいろいろ楽しんだように。又DTP(Desktop publishing、デスクトップ
パブリッシング)の初期にプライベートカードを創るときにはDICのカラーチャートからパラパラと
めくったよりも、今は何万倍の色を選択することができるのだ。

http://keico.exblog.jp/1949551/ 
2005.05.19
小さな宝物、万年筆の思い出

  いただいたお節とKさんのパテドゥカンパーニュとお雑煮。
何もしないままに一日を過ごしてしまったことにお正月から反省をしながら、、、うとうとと、、、。


                〜〜〜〜〜〜〜
 昨日アップした、2016年申年の私製年間カレンダー(A4版)をご希望の方にお送りいたします。
鍵コメント欄かメールでご住所をお知らせ下さい。

 三つ折りにして定型封書で送ります。
昔の自作の巴里の絵はがきを台紙にして同封いたします。

a0031363_22281449.jpg



by pretty-bacchus | 2016-01-02 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/22058541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2016-01-03 06:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurabusobae at 2016-01-03 17:46
静かなお正月でしたね。今年も平穏無事とゆきたいものであります。
Commented by pretty-bacchus at 2016-01-04 13:36
鍵コメントさま、ありがとうございます。

Commented by pretty-bacchus at 2016-01-04 13:38
kurabusobaeさま、日本も世界も静かなお正月でほっとしましたね。
今年もよろしくお願いいたします。

名前
URL
削除用パスワード


<< 初夢はイタリアン、思うは<暦>...      またエクサイトブログがおかしいです >>