Fujifilm X30 FUJINON4x28-112mmF2.0-2.8がやってきました
2015年12月11日 金曜日 雨のち曇り

 とうとうというか遅かりしというか、やっとFujifilm X-T1の代替え機を導入した。  
Fujifilm X30,FUJINON4x28-112mmF2.0-2.8 
このところはずっとFujifilm X-T1だけを使い、いまやなくてはならない存在になっている。
望遠ズーム付きのNikon D7100は、こうしてMacに向かって時々借景の木々や鳥を撮るときだけ。
Sony DSC-RX100M2はX-T1をもてないような夜の会とかで、SIGMA DP1 Merrillは年に数回ほど。

 それが一週間ほど修理に出さないといけないということで、さてさて、、、。
35mmフルサイズのAFライカの噂もあるが高嶺の花だし、だいいち今の私にはあわないだろう。
もう一台Fujifilm X-T1を購入すれば良いのだろうが、それももったいないし、それで
Fujifilm X30におつちいた。
有効画素数は1200万画素で先代のX20とあまり進化がないところも多いが、ファインダーは
視野率100%の電子ビューファインダーが採用されているし、背面モニターはひと回り大きくなった3.0型で
チルト機構も備わった。
開放値はワイド側F2.0から2.8テレ側、35mm判換算28-112mmというのもちょうどよいし、
新しいフィルムシミュレーションを楽しめるし、標準モードでレンズ先端から50cmの「マクロ」、
さらに「スーパーマクロ」なら1cmまで近づくことができるのが気に入ってしまった。
X-T1どうよう<写真家・相原正明のつれづれフォトブログ>に影響を受けているし、最近のグルメ写真は
美味しそう〜〜〜!(鍵コメントでアドヴァイスもいただいていて、ありがとうございます)

 発売以来一年以上がたって価格も四万半ばとなったので、有楽町から新宿に移動になったIさんの処にゴ〜〜〜!。
a0031363_344212.jpg
(レンズフード付きフィルターを付けたのだが、これだったら
シルヴァーヴァージョンにしたほうがよかったかもしれない)

a0031363_2303670.jpg
(早速に広角側の樽型テスト)

 途中まで充電をして、雨が上がった夜にさっそくにお出かけ?
やはり、X-T1より軽い!(当たり前!)
コートのポケットに入る〜〜〜。

a0031363_3555729.jpg
]

a0031363_3455683.jpg


 久しぶりの魚真さん。
北海道のホタテや蒸し鮑をスーパマクロでパシャパシャ、、、、!
今や重いカメラが辛くなったわたし。
X-T1とは画像がもちろん違うが、いや〜〜写真ってこんなふうに楽しめばいいだ、、、って再認識。
代替え&サブカメラどころか常用になりそうな予感!
(設定をしてただシャッターを押せば誰でも撮れるのってなんだか寂しい気はするが、、、、)

a0031363_3571368.jpg
(大きいまガブッとかじって、、、、美味しい〜〜〜!)

a0031363_3575493.jpg


a0031363_3585224.jpg

a0031363_3592073.jpg



by pretty-bacchus | 2015-12-11 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Comments(6)
Commented by k7003 at 2015-12-14 05:53
ブラボー(^_^)v
ボク最後のカメラと決めたX30 を、生涯の写友も愛でていらっしゃる、、こんなうれしいことはありません。♡
Commented by masabike at 2015-12-14 07:04
x30楽しんでいただけているみたいで、何よりです、年末年始は大活躍できる、カメラだと思います
Commented by nanahan at 2015-12-14 10:01 x
軽いに越したことはありません!!良さそうな使い勝手ですね。X20はしっかり愛用させて
頂いています。
Commented by pretty-bacchus at 2015-12-14 15:35
k7003さん、年齢相応の機種ですね。ハンドストラップは例のです!

Commented by pretty-bacchus at 2015-12-14 15:36
masabikeさん、いつも的確なアドバイスをありがとうございます。
X-T1同様にたのしませていただきます。

Commented by pretty-bacchus at 2015-12-14 15:37
nanahan さん、はい、なかなか使い勝手が良いです!

名前
URL
削除用パスワード


<< こんなふうにただ時が過ぎるのが...      北海道の友人の鹿肉は見事なフレ... >>