小惑星探査機「はやぶさ2」の五年後の帰還が楽しみですね
2015年12月4日 金曜日 晴れ

 ソファーに座って膝にはMac、、、、正面には大きなテレビ。右横一面には秋の彩りが動きまわる。
南西向きのベランダと借景には直接に太陽は見えないが、それぞえに角度が違う左右正面の建物の間を
走ったり反射したりしながら、一日中陽の動ごくのが感じられる。
これって地球が動いているのだろう、、、って思うとなんだか遠き宇宙のときめきがする。

a0031363_2262214.jpg
(クリックして画像を大きくすると撮りが何羽いるでしょう、、、、(

a0031363_227222.jpg


a0031363_2281265.jpg


 小惑星探査機「はやぶさ2」が、地球に最接近したあとに、次の目的地に向かう軌道にかじを切ったという。
午後七時過ぎに太平洋上空約三千キロを通り抜け、地球の引力を利用する「スイングバイ」で加速して、
小惑星リュウグウへの一歩を踏み出したのだそうだ。
信じられないような宇宙の研究。
2020年には地球の帰ると言うから楽しみだ。
それまで元気でいたいな〜〜〜!



by pretty-bacchus | 2015-12-04 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21902339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-12-10 09:42 x
宇宙のことは判りませんが、彼方に神仏がいて、その見えない神仏が我々の命を司っていると
考えた人はすごいなぁ~~
Commented by pretty-bacchus at 2015-12-11 05:12
nanahanさん、こんばんは。
彼方に神仏がおわしますのですね。


名前
URL
削除用パスワード


<< 青空に借景のシデの木が夕陽にき...      宇田川悟さんの<「食文化からみ... >>