早や師走、黄葉のもとに曼珠沙華の葉が震えていました
2015年12月1日 火曜日 晴れ

 早や師走となってしまった。
怖い怖い、、、、あと三十日で新しい年がやってきてしまう。

 北陸新幹線での旅はやはり少し疲れたようで、少しお寝坊。
一泊なので下着だけであとは着の身着のままなのに、なんといってもカメラ二台と
Macと電源を持ち歩くというのが旅の疲労を倍増させているのかもしれない。
なんとか考えなければならないな、、、、。

 妙高での九十二歳の御仁、同い年の京都のふくみ先生。そして九十五歳の母三保子。
それぞれに凄いパワーを持って一日一日を送り、人生を創り上げているのに、
なんと私はだらしがないことだろう。

 刻々と変わる借景の初冬の日差しを愛でながら今後のことをいろいろ考えてしまっている、、、、。

a0031363_23541417.jpg

a0031363_23435588.jpg


 街角の木も色好き始めて、、、、
あらその下の真っ暗な土手のうごめくものが、、、、
1S06400にしてそっとシャッターを押した。
きれいに揃った彼岸花の葉っぱでした。
こうして来年の秋まで寒さに震えているのでしょうか、、、、。
なんだかとても可愛そう、、、、。

a0031363_23451461.jpg


a0031363_23453523.jpg



by pretty-bacchus | 2015-12-01 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21890228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-12-03 09:21 x
カメラが重くても、これがあなた様の言語になっていますから~仕方が無い。
カメラをつうじで文字には表せない心境を映し出しますから~~
カメラは離さないことですね。
Commented by pretty-bacchus at 2015-12-03 15:01
nanahanさん、な〜〜るほど! 達人には撮り手には時にはわからないことも読めてしまうのですね〜〜!
こわい〜〜〜です。

Commented by 婆美以 at 2015-12-04 09:40 x
>カメラが重くても、これがあなた様の言語になっていますから

keikoさまの撮ったものに惹かれるのは”これ↑”だったのですね!

ありふれた草の画像からも素直なつぶやきが聞こえるからこその魅力だったのですね(^_^)v
感動のシェアは見る側にも生きる歓びとなっています??
軽いカメラの登場を願っています。
Commented by pretty-bacchus at 2015-12-04 15:32
婆美以さま、いつもご覧いただきありがとうございます。
日々の想いをこうして十年以上にもわたって撮り書いていたかと思うと感無量です。

名前
URL
削除用パスワード


<< 黄葉深くなり冷えてきた夜は牡蠣...      今年最後のシャトー・ドゥ・ピゼ... >>