ボジョレ・ヌーヴォー2015 解禁!BEAUJOLAIS NOUVEAUX 2015 SONT ARRIVÉS
2015年11月19日 木曜日 (午前中は眼科に)

 ボジョレ・ヌーヴォー2015 解禁!
BEAUJOLAIS NOUVEAUX 2015 SONT ARRIVÉS
本日2015 年11 月19 日(木)午前零時に2015 年のボジョレ・ヌーヴォーが解禁された。

 例年なら解禁の樽割りを主催したり、いくつかの試飲会に参加していたのだが、今年はどれも
お断りしてしまった。
体調の悪さはイコール次の世代への引き継ぎを真剣に考えたほうが良いのだろう。

三十数年も私たちを魅了してくれている、この希有な造り手のシャトー・ドゥ・ピゼイの
ボジョレ・ヌーヴォーを日本に紹介してから三十五年がたったのだ。

かっては(1982年かな?)JATA国際観光会議にてホスピタティースイートを主催、
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーの樽とフランスチーズで2000人の内外からのお客様を
<フランス文化の宴>に招待して、ボージョレヌーヴォーの普及につとめたのでした。
私が書くボージョレヌーヴォーの毎年の出来具合の原稿がいくつもの大新聞に引用されたりもしたのでした。
(そんな時代だったのですね!)

 ソペクサの情報によると、ボジョレワイン委員会(InterBeaujolais)会長のジル・パリ(Gilles Paris)は、
昨夜の日本でのヌーヴォー解禁イベントのために来日し次のようにコメントをなさった。
「偉大なヴィンテージと記憶される2009 年、古くは1947 年に匹敵するすばらしい
ヴィンテージとなるだろう。熟成能力も高い」。
「数量よりも品質や存続性を重視しており、全体としては満足のゆく結果となっている。高い品質の製品を求める日本市場のニーズにも応えている」と説明した。

一方で、13 日にパリ市において発生したテロ事件に関し「大変痛ましい出来事だが、このような時こそ
伝統であるボジョレ・ヌーヴォー解禁を祝いフランス文化の豊かさを示したい」と述べたという。
イベントにはインポーター49 社のボージョレ・ヌーヴォー、計72 アイテムが展示され
我らのシャトー・ドゥ・ピゼイも一番前に鎮座いていたのをテレビのニュースでみた嬉しかった。
(Kさん、ご一緒できなくてごめんなさいね)

a0031363_4114219.jpg

a0031363_21252852.gifa0031363_519046.gif
 今年のボージョレヌーヴォーのニュースはすでに三週間前にブログで書いていたが、
醸造家のパスカルデュフェートルの最後の説明がまだだったので、JPGで記録しておこう。

http://keico.exblog.jp/21683091
2015年9月25日 金曜日 雨
最新情報: BEAUJOLAIS NOUVEAU 2015 & シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー


a0031363_2552683.jpg


a0031363_256344.jpg


 万難をはいして、遅くにかけつけたのは四谷のお寿司屋<すし秀>さん。
オープニング二十周年で、この週には毎年金寳の純米大吟醸の穏(おだやか)のこもかぶりと
シャトー・ドゥ・ピゼイの樽をお客様に振る舞っているのだ。
このお寿司屋さんについては何度か書いているが、四谷のお寿司屋の三本指の一店。
 
http://keico.exblog.jp/15563308/
2012年6月11日 月曜日 曇り
四ッ谷界隈のお寿司屋さん

四谷荒木町の寿司や< 寿司金 >、中澤圭二さん江戸前寿司の名店「すし匠」、
そしてもう一軒は三栄町をずっと歩いた三栄公園の手前にある<すし秀>。
日本中からの素材が揃い美味しい店。
オーナーの村岡秀昭さんは、日本で二本指に入る料理人のもとで修行をして、
二十年前にこの店をオープンした。
カウンター十一席とこあがりだけのこがらなお店はいつも一杯で客層も老若男女さまざまな職種の人がいる。
一人で寿司を楽しむ八十代の方もいらして、秀さんはそれぞれにお話しをあわせて客をあきさせない。
店主の秀さんのパーソナリティーと味とリーズナブルな値段でいつもいっぱいだが、この時期は特に、
樽酒をめあてに遠方からもお客さんもあり、なかなか席が取れない。
お寿司とワインのマリアージュの発信店となってから久しい。
ありがとう、秀さん!

 軽く食べさせていただいて、お客様からのお花とボジョレ・ヌーヴォー2015 解禁!ワインの
写真をとって感謝の一夜でした。

a0031363_113179.jpg


a0031363_1132733.jpg

a0031363_1141215.jpg


a0031363_116027.jpg
(私たちからの二十数年のお祝いは、シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーの15リットルの樽。
醸造家のパスカルデュフェートルからもお祝いのメッセージが届けられた)

a0031363_1144952.jpg


a0031363_1174064.jpg
(二十年たって、オーナーシェフの秀さんも眼鏡をかける年になってしまった!)

http://keico.exblog.jp/4689152/
2006.11.15 水曜日 曇り
ボージョレに杯を重ねていくとしぞ
a0031363_401683.jpg
  シャトー ドゥ ピゼイの樽を24時に開けて乾杯!
(九年前はこんなに若かった!)


http://keico.exblog.jp/20386382
2014年11月12日 水曜日 雨のち曇り 
2014年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォーは秀逸のミレジム! 

http://keico.exblog.jp/20385117
2014年11月14日 金曜日 晴れ
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー2014
窓辺に置いて光のうつろいを時々カシャカシャしながら一日が終わった。
a0031363_103840.jpg


http://keico.exblog.jp/20393498
2014年11月16日 日曜日 晴れ
2014年シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォーは秀逸のミレジム! 

http://keico.exblog.jp/19038187
2013年11月21日 木曜日 晴れ
ボージョレヌーヴォーの解禁日に思い出にふけって

http://keico.exblog.jp/18964598/
2013年11月13日 水曜日 曇り後晴れ
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーが 日本に無事着いた。

http://keico.exblog.jp/18915765/
2013年11月3日 日曜日 曇り
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー2013

去年のラベルは
http://keico.exblog.jp/16810705
2012年11月14日 水曜日 晴れ
Le Beaujolais Nouveau du Château de Pizay est Arrive !

http://keico.exblog.jp/16814290
2012年11月15日 木曜日 晴れ
ボージョレヌーヴォー騒動が終わって、、、

http://keico.exblog.jp/16611785/
2012年10月15日 月曜日 晴れたり曇ったり
2012年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォーはとても女性的 !

http://keico.exblog.jp/16168737/
2012年9月10日 月曜日 曇のち晴れ
黄金桃とシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー2012

八月までの模様はhttp://keico.exblog.jp/15904967/
2012年8月2日 木曜日 猛暑日
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー2012

八月までの模様はhttp://keico.exblog.jp/15904967/
2012年8月2日 木曜日 猛暑日
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー2012
a0031363_14173587.gif

Chateau de Pizay 

a0031363_1110397.jpg
 (すき焼きの銘店、ホテルニューオオタニ内の「岡半」さんで、Nov,2010)

http://keico.exblog.jp/13856866/
2011年10月20日 木曜日 晴れ
陶酔する2011年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー


http://keico.exblog.jp/9005601
2009年9月22日 火曜日のブログ
2009年のボージョレヌーヴォーは、歴史的なミレジムになる条件がそろっている

http://keico.exblog.jp/9087905
2009年10月10日 土曜日 のブログ
光陰矢のごとし、シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーと共に

a0031363_0271662.jpg



by pretty-bacchus | 2015-11-19 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21860124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-11-23 17:45 x
素晴らしいワインでした。(と、ボトルを開けた仲間の自称ワイン通が唸っていました)
ゴチソウサマに預かりました。フランスでは緊張状態が続いていますが
日本も靖国神社が狙われるなど、油断できませんが、嫌な世の中と嘆く前に
前向きに、現実を直視しないと置いて行かれますね
とまれ、ご馳走さまでした。大感謝しています。
Commented by pretty-bacchus at 2015-11-23 18:14
nanahanさんmそのお友達はワインがお好きなのですね。あのガメイの味をおわかりいただいて嬉しいです。

昨日はメトロに三十分のって浅草までいきましたが、少し恐かったです。
志村先生の個展があったのです。
いずれブログでお知らせしますね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 雨の夜は、友人達からのお礼のメ...      借景の木々をみながら危険だった... >>