天空は 雲ひとつなく 月満ちて
2005.08.19

 すばらし満月。(と思ったら十四夜だったらしい)
8時に事務所を出たときにようやく東の空に上り始めた月。空は雲一つない。
タクシーで赤坂御所をあたりを通ったころには、借景とあいまって凛とした月。
 (今日の月の出は17時28分であった)

a0031363_7373628.jpg




 やがてひと幅のくもがあらわれる。 a0031363_7383312.jpg




大きいバックからごそごそとカメラをとりだし、急いで窓をあけてパチり!
タクシーの運転手さんが驚く。「何をとってるんですか?
「月に群雲!  とこたえたら、なんとタクシーを止めてしまって「きれいなだね〜〜〜〜。
変な客とへんな運転手は、しばし月にみとれた。

 明日は十五夜、満月、月の出は18時2分。そして土曜日。
屋上から月の出を楽しむとしよう。




                                                              赤坂見附の橋の欄干から月を望む、、、、。
________________________
暦のHPより
月の出と月の出の間隔
月の出は毎日約50分ずつ遅れます。このため月の出と次の月の出の間隔はだいたい24時間と50分ほど。
この間隔からすると30日間で29回の月の出がある計算になります。逆に言うと1月に1日くらいの割で、
月の出の無い日があります(月の出だけでなく、南中、月の入も同様)。
また、朝に「月の入」があり夕方に「月の出」があるパターンもあります。
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0501.htm
by pretty-bacchus | 2005-08-19 23:06 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/2184641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 校庭の コスモス揺れて 時移る      思い秘め なにげなく通る ムクゲ路 >>