むくげ道 忘れられたる 老木や
  昼のとき、押川さんと偶然あう。むくげ道。

すさまじきスケジュールで、9時。

 先週来ずっと家で食事、、、。冷蔵庫も空になったし、、、。
突然に弥平さんのところにでかける。21時半。

 480本しか入らなかったエドアルドヴァレンティーニのトレヴィアノダブルッツオの2001年をジャーナリストと初試飲。
すばらしき香りと味。
世界でただ一人、私ににおくってくれる480本。手を合わせ感謝していただく。
お客様にはすべて前受注の特注アイテムなのだ。
 ワインのご縁で、写真のご縁で、こうして世界でただ一人と選ばれし光栄を、手を合わせて感謝する。

 かなり酔ってご帰還。
a0031363_252478.jpg
いつものむくげ道は、今を盛りの感じあり。
夜中なのに、空青き、雲白く、むくげ悲しく、時を知る。
春には人々の目を奪った桜の老木が忘れれて悲しげに、、、、。
by pretty-bacchus | 2005-08-17 00:41 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< あれ鈴虫がないている、、、、、、、      終戦の日写真を供えて祖母想い >>