やもりが家に入ってしまった、どうしたらイイの〜〜?
2015年10月19日 月曜日 晴れ やもりが家に入ってしまった

 けたたましいほどの鳥たち子声でめがさめた。
体中が痛い。

 昨夜遅く帰京。
荷物をもって、カメラ数台とバッテリー、MacBookプロとバッテリ-、着替えも少しいれての
キャリーバックをがらがらひいての旅は、もはや無理になったのかもしれないと思えるほどの
疲労困憊の二泊三日だった。

 さすがに今日はゆっくりと過ごした。
ベランダの戸をあけて深呼吸をしたとたんに足下に何かが落ちた。
え〜〜〜? 5〜6センチもある太ったヤモリ(だろう)が家の中に入ってしまった。
すぐに鉢カバーの後ろあたりに隠れてしまって万事休す。
どうしよう、、、、怖い! どうしよう、、、。

 ますますぼけっとして一日をすごしてしまった。
しかし昨日と一昨日の京都はほんとうに充実していて、写真も少し撮ったし、整理をするのが大変で、
まだブログを書けていない。

=2015年10月17日 土曜日
☆嵯峨の釈迦堂での<アルスシムラ総会>
☆<三国伝来生身釈迦如来立像>のご開帳!
☆ 夜の鴨川べりのイタリアン

=2015年10月18日 日曜日
☆特別展覧会 | 京都国立博物館での 琳派誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る.
☆夕方のイタリアン
☆新幹線でのぞみ最新車両で帰京

 家の中でどこにあらわれるかもしれないヤモリのことが気になっておちおちできずにいる、、、。

 日没の少し前にはまた鳥たちがやってきた。
座ったままでガラス越しに望遠でカシャカシャ、、、。

a0031363_22365024.jpg


a0031363_22371972.jpg


a0031363_22374466.jpg



by pretty-bacchus | 2015-10-19 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21758585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 婆美以 at 2015-10-21 01:46 x
お疲れだったのですね。ごゆっくりなさって下さいね。

ヤモリ~、怖いですか~(@_@)都会でも緑豊かな地域にお住まいだからでしょうか。「守宮」漢字で書くと格が上がったような(^^ゞ

古い町屋作りで暗く隙間だらけの我が家では同居人並みで、玄関で待ってたように出くわしたり、小さいのは屋内にも来ますが、虫を食べてくれていると思うと頼もしく「ヤモちゃ~ん」と声掛けしています。撮ってじっくり見ると体色も指のシルエットもオシャレです~♫
生粋の都会っ子のkeikoさまには難しいかもしれませんね。
Commented by pretty-bacchus at 2015-10-21 02:28
婆美以さま、こんばんは。ありがとうございました。

このコメントで一安心しました。
私も昔は、特に城跡などを訪れたおりにはヤモリさんとお話ししたりしていました。
このマンショでも、ベランダには時々見かけますので、あらこんにちは、とか言っていたのですが、締め切った家の中に入られるとちょっと怖いのです〜〜〜。

Commented by S at 2015-10-21 07:45 x
敬子様、お早うございます。
ヤモリちゃんが恐怖でいらっしゃるんですね...本当に都会っ子でいらっしゃるんですね^^; 私は婆美衣様と何から何まで同じですのヨ。ヤモリちゃんは家人のように勝手に出たり入ったりして暮らしてるものって思っていますの^^ 苦手な虫を退治してくれる味方で、"ヤモリちゃん居たのネ! " って声をかけちゃいますし 婆美衣様が仰るとおりに お指の形が可愛いのです^^
敬子様は本物には慣れなくていらっしゃるかもしれませんから、アントニオ・ガウディが建造物の彼方此方に配しているヤモリちゃんをご覧になってみるのは如何でしょうか^^
Commented by pretty-bacchus at 2015-10-21 11:02
桜さん、おはようございます。いえいえ子供の頃は野山や川で遊んでいましたのです。でも今のマンションは締め切ると密室ですから、どうしよう〜〜〜と。
昔々のバンコックの旅では空港はもちろん、高級ホテルの寝室の天井にいたりして、それが目の前にぽとんと落ちてキャア〜〜〜という思い出がきえないのです。

名前
URL
削除用パスワード


<< 借景のシデの木の枝にやってくる...      朝の五時から翌朝の一時まで長い... >>