涙雨そぼふる朝に、麗人がガンでまた一人早世しました。
2015年9月24日 木曜日 曇り 曇りのち雨 

 川島なお美さんが逝去された。五十四歳となんとも若すぎる。
先週にミュージカル降板を報道されていたばかりなのに、ガンというのは最後がそんなに早いのだろうか。
昨年一月に胆管癌というガンの腹腔鏡手術を受けて余命1年宣告されていたのだという。
一年九カ月前にわかった闘病生活は、抗がん剤治療では放射線も無理な場所で、民間療法を選択し、
免疫力を向上させる食事療法などを取り入れていたという。

 彼女にはもうずっと前だが、アライさんのイタリアレストランでお会いしたことがある。
気さくな素敵な方だった。とても頑張りやさんだと聞いていたかたら、
お仕事でも無理をなさっていたのかもしれない。

 フランスワイン三大産地のシャンパーニュ・ボルドー・ブルゴーニュよりワインの騎士号を
叙任されていらした。
「私の血はワインでできている」とワインを愛したことでも知られていた。
心よりご冥福をお祈りいたります。

 スティーブ・ジョブズ氏がガンでこの世を去り、マックファンばかりでなく世界中の人たちが
その死を悼んでからもう四年になる。
いまやガンは二人に一人がかかる病といわれているが、完治の方法が一日も早く研究されることを祈るのみだ。
そして私たちも、最後の日に向かって少しだけでも準備を始めようと話し合った秋の一夜。
涙雨のごとくにそぼふる雨のなか、金木犀の香り豊かな秋の夜をとぼとぼと歩いた秋の一夜だった。

a0031363_016334.jpg
(pm6:10 )

a0031363_0165964.jpg


a0031363_0274875.jpg


 午後九時すぎに雨はすこしあがったようだが、、、、
a0031363_018368.jpg


 金木犀の香りが香って、、、、
a0031363_023523.jpg

a0031363_0222958.jpg

 そして香りと花が風に揺れて流れて、、、、
a0031363_0232888.jpg


http://keico.exblog.jp/13771252/
2011年10月7日 金曜日
スティーブ・ジョブズ氏の逝去=忘れられない日となりました。

http://keico.exblog.jp/13760097/
2011年10月6日 木曜日 晴れ
ジョブズさん天の高きに永遠に

http://keico.exblog.jp/12892831/
2011年6月14日 火曜日 曇り
「懈怠比丘不期明日(懈怠の比丘明日を期せず)」

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (スティーブ・ジョブスのことは何十回も書いていた)
http://keico.exblog.jp/5733671/
2007.06.14 木曜日 曇
スティーブ・ジョブス氏のスピーチに酔いながら、マックと格闘

http://keico.exblog.jp/7287487/
2008年7月8日 火曜日 曇り時々雨
母の言葉とスティーブジョブス氏のスピーチに励まされて

http://keico.exblog.jp/7373414/
2008年8月6日 水曜日 晴れだったが、、、、
今夜は、スティーブジョブズ氏に杯をあげよう。

http://keico.exblog.jp/12286793/
2011年3月17日 木曜日 晴
療養中のジョブズから、日本のアップルスタッフへのメッセージ

http://keico.exblog.jp/13720882/
2011年9月29日 木曜日 晴
蕎麦みそでジョブズ思いてひとり酒

http://keico.exblog.jp/13918753/
2011年10月30日 日曜日 曇り その二
スティーブ・ジョブズさんを思いながら、、、
a0031363_2282350.jpg



http://keico.exblog.jp/13859952/
2011年10月21日 金曜日 曇り後あめ、、、、
スティーブ・ジョブズさんの追悼いろいろ

http://keico.exblog.jp/14537068/
2012年1月27日 金曜日 曇り
『スティーブ・ジョブズI』第一巻をiPadで読み終わった。

http://keico.exblog.jp/15705461/
2012年7月3日 火曜日 曇り後雨
病院の帰りは、あん蜜とジョブズの<メメント・モリ>

http://keico.exblog.jp/16537299/
2012年10月5日 金曜日 晴れ
スティーブ・ジョブズさん、そして<ブラッサイ パリの越境者>、

http://keico.exblog.jp/20142455/
2014年8月28日 木曜日 晴れ
木村伊兵衛のパリ、銀塩最後の私の巴里のエッフェル塔とコンコルド広場
<★OldPhoto銀塩写真のデータ化>



by pretty-bacchus | 2015-09-24 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21679973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 通りすがり at 2015-09-26 15:00 x
こんにちは(^ ^)
京都も数日前より金木犀の香りが漂いはじめていますよ。
雨上がりのあとなどは、木の下辺りが一面鮮やかなオレンジ色に
なったりする季節になんですね。

川島さん、公表からずいぶんと早かったですね..
この春には大腸ガンを公表された役者さんも亡くなられて..

医療が発達してたいがいの病気が治癒可能となって、
逆に未だ解決策が見いだされていない認知症とガンから
私たちが逃れられなくなったのは誠に皮肉な話です。

ジョブズさんのケースは壮絶でしたね。
医師ごと病院を丸々買い取れるほどの大富豪でも、逃れられませんでした。
彼の場合は、MSとの試合に勝って、人生という勝負に負けたとしか言いようのない
タイミングでした..合掌
Commented by nanahan at 2015-09-26 18:45 x
敬子さまはこれだけ良い写真(トワイライトの写眞は難しい)を撮影できますから
まだまだ、お元気保証します、是非、秋の欧州の夕景にトライしてください。
いまの最新型のデジカメだと色のでかたがおおいに違ってきますね。
Commented by しばらくです at 2015-09-26 19:53 x
ジョブズさんがケイコサンの写真のアイパッドを持ってるってすてきです。

Commented by pretty-bacchus at 2015-09-26 21:32
通りすがりさま、続いてコメントをありがとうございます。
私もいつ再発するかわからない病持ちですので、すべてをきれいにお掃除して旅立ちたいと思っていますが、PC内のデータとかはどうなってしまうのかなとふと考えてしまいます。

認知症とガンが解明されたら、また別の病が地上に現れるのでしょうね。
それに向かって闘うのが人間の宿命なのかもしれませんね。

Commented by pretty-bacchus at 2015-09-26 21:34
nanahanさん、こんばんは。ななはんさんに保証されますとなんだか、そんな気持ちになってきますから不思議ですね〜〜〜!
デジカメになってトワイライトの写真が激変しましたが、それがあまり好きでないいっときがありました。
でも今はこの時代の武器を楽しもうと思っています。
いつもご覧いただき感謝しています。

Commented by pretty-bacchus at 2015-09-26 22:10
しばらくです!! こんな遊びもできた時代でした!
もう遠い昔のようなきがしています。

Commented by 通りすがり at 2015-09-26 22:55 x
>私もいつ再発するかわからない病持ちですので

身の回りでも、けっこう大腸にトラブル持ってる方が多いな、と言うのが春以来の
印象です。
習い事の東京のエラい先生も、私よりお若い40代半ばなんですが、
5年前にガンでS条結を摘出されたとうかがって驚きました。
もともと、子供の頃からお腹が弱く、しかも大腸が弱いのは遺伝だったそうです。
でも、現在もピンピンされて居られます(^ ^) 現代医学のおかげですね。
また、行きつけの喫茶店のお客さんは来年定年の65なんですが、
20年前に大腸全摘で人工肛門されながら勤め上げられるようで、
これも聞いて驚きました(^ ^;;

一病息災、私も大腸憩室症でビビらされて、食生活が劇的に改善されたと思います。
散歩をして食事は旬の野菜と魚を中心にし、外食も減りました。獣肉は週に2〜3回。
転んでもタダでは起きないぞっ!、と(笑)ーー50代前半です(^ ^;;
日本人として生まれたからには、よほどの異変がない限りは80以上生かされる時代なんで、
いかに生きて行くかということが大切だな〜、と感じます。

>認知症とガンが解明されたら、また別の病が地上に現れるのでしょうね。
そうなんでしょうね。
人間とはかくも脆く、弱い存在なんだなと思います。

と、まあ、わたしより遥かに社会経験のご豊富そうなお方にしたり顔で
語ってしまいました。大変失礼をいたしまして、申し訳ありません。
Commented by pretty-bacchus at 2015-09-27 03:35
通りすがりさま
そうですね。私は十年おきぐらいに大きな手術をしているのです。
上は目から下は下の方まで!
四年半前には乳癌! と、まあ、その度現代医学で生き延びているのです。
このときは、昔から親しいドクターが夢枕にあらわれて、病気を指摘なさって、その後
ぐずぐずしている私を、病院に予約してくださったのです。
とてもありがたくまた不思議な感じがしています。

のど元過ぎればなんとやらで、それぞれ良くなると、暴飲暴食の懲りない私で、我ながら
あきれかえっています。

名前
URL
削除用パスワード


<< 最新情報: BEAUJOLAI...      金木犀の香りに抱かれて夜の道を... >>