チャーチルのレモンビスケットの缶はミュシャの<フォーシーズン>
2015年9月13日 日曜日 晴れ後曇り

 ピンポン〜〜〜。
着いた!
Iさんから昨夜メールをいただいていたので、早起きしてしまって心待ちにしていた。

、、、、さて、明日13日(日)午前のお届けで、ささやかながらこれぞと思ったお品を
送らせていただきました。退院が何時か分からなかったので、明日午前を指定致しました。
実は9日から日本橋三越で英国フェアーがあり、イタリア展ならともかく、
他はあまり
出向くこともないのですが、今回は届いた案内パンフを見た折から狙っていたものがあり、
初日に開店15分前に行って、確保したのでした。
(中略)
モノにはもう執着しない、モノは整理の時期と決心していたはずなんですが、まだまだ
「美しいもの」への
憧れはゼロではなかったようです。
買いたかったのは実は缶なのです。中身はビスケットで、ヨーロッパのはどこのでも
粉がよくて
美味しいのですが、その中身ではなく、惹かれたのは缶なのです。
何十回とヨーロッパに行っているけど、こんなすてきなアールヌーボー調のは見た事が
ありません。
一人2個までとの制限があるし、フェアーの初日にもなると、すごい人ですぐ売り切れると聞いていたので
頑張ったのです


 (三越からなのに)ガムテープが無造作に張られただけの段ボールのなかには、
三越のあの包装紙の箱が丁寧に二つはいっていた!
大きい方からそ〜と開けてみた。ウファ〜〜〜!
なんとも可愛らしい縦長の長方形の缶。
昔々ロンドンの百貨店で別のシリーズの<ファームヤード>や<アイリス>の缶を買ってきた、
あのチャーチルのレモンビスケットの缶。
それも<フォーシーズン>。ミュシャは若い時にオリジナルリトでコレクションしたことがあったが、
この柄の<四季>は初めて。ことによったらチャーチルのレモンビスケットの為のデザインなのかしら?

a0031363_054762.jpg
(クッキーの蓋を開ける前に窓辺でカシャッ〜〜この面は夏かしら?)

a0031363_0553443.jpg
(こちらは秋)

a0031363_0564211.jpg
(ウィンターとスプリング)

 小さい方もそお〜と開けてみた。
初めてみる黄色の紅茶の缶。 キャンベルのダージリンのお紅茶。
Iさんのメールには、
それとあと紅茶。敬子さんはコーヒー党か紅茶党か、多分両方お飲みになると思われ
ますが、
それも缶に目を付けました。中身は勿論一流会社の上ものですが、広告で私が気に入ったのは
アールグレーでしたが、ダージリンの方がミルクティーにも出来るし無難なので、会場で見ると、
ま、素朴な柄だけどそこそこいいかなと、それにしました。
缶はクラシック調で、飲みきってから別のティーを入れておいてもかわいいのです。
少女趣味がぬけきらないようで、敬子さんには喜んでいただけるかどうか、半分は不安
ですが、
私の気持なのでご受納いただけたら嬉しいで
す>

a0031363_14741.jpg


 とっても嬉しい!
私も少女趣味がぬけきらず、モノを少なくしなければいけないのに、
ついついこういう可愛いのには手がでてしまう。

a0031363_195331.jpg
(借景には燦々と午後の光が、、、、夏から秋へと季節は移る、、、)

 さっそくにクッキー&ティーをいただくことにした。
このごろはお客様もしないし、日頃はコーヒーもお紅茶も普段づかいのカップで
いただいてしまっているので、久しぶりに食器戸棚の扉をあけてみた。
さてさてどのティーカップにしようかしら、、、あら、むかし集めたリモージュの薄手のティーカップの中に
ジョルジュボワイエ・イリスソバージュシリーズのアイリス模様のがありました!
きっとアイリスの缶にあわせて、あの当時求めたものなのでしょう。
お揃いのクリーナーはないので、マイセンの<青い花>。

何十年も前の若い頃のグラスや器のコレクションは、ぼちぼちと友人達のもとへ旅立っているが、
まだまだ手元には二客ずつは残してあるので、せいぜい時には愛でることにしましょう、、、。

久しぶりのクッキーとお紅茶で優雅な週末の午後を過ごすことが出来ました。Iさんありがとうございました!

 午後の日差しがあっというまに落ちて、借景の木々が最後の輝きをましてMacを前に置いた
<四季>のビスケット缶を彩っていました。
このブログのカテゴリの<Tiny Belongings 小さな宝物>が一つ増えました。


a0031363_1131850.jpg
(今日の日没時間は午後五時五十五分、西の空が燃え始める頃に、、、、借景のシデの木も燃え始める)
(夏よさようなら、、、、)

a0031363_1152687.jpg


 〜〜〜〜  画像をクリックすると大きくなります  〜〜〜〜〜


by pretty-bacchus | 2015-09-13 23:58 | ♡TinyBelongings小さな宝物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21645504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-09-15 07:42 x
贈り物はセンスですね。田舎には絶対に無い都会のセンス。
「都、鄙(みやことひな)の差は人間の差」を創り出すのかも知れません

英国のビスケット屋のセンスは素晴らしい!!!
Commented by pretty-bacchus at 2015-09-16 02:27
nanahanさん、いつもありがとうございます。そんなことはないのではないでしょうか、、、、。
<都と鄙>とはなんとも素敵な言葉ですね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 夕顔の花に昔の我が家のベランダ...      秋の日のヴィオロンのためいきの... >>