令子さんの黄金桃がお盆の祭壇に供えられました
2015年8月13日 木曜日 曇り

 朝一で月一回の眼科の検査。
網膜の眼底の乱れの悪化は途中でとまっているようで一安心。
都庁にパスポートの申請にいったが途中であきらめた。
瞳孔がひらいたままなので、途中の写真を撮るのもやめて帰宅。

 そうっと通り抜けようと思ったのに、気を利かして後ろにひいてくれた椅子の脚に、
私のくるぶしがあたった。
コツン、骨がぽっきりとおれたようなきれいな音。瞬間体が固まったが、骨折の時のような痛みはない。
大事をとってロキソニンテープを貼って固定。
いずれにしてもあまり歩かない方が良いだろう。

a0031363_22235889.jpg
(雨上がりの空に都庁の高層ビルが、、、)

a0031363_22224310.jpg
(エントランスは吹き抜けて、、、)
a0031363_2224315.jpg

a0031363_2225862.jpg

 お盆のお詣りと、友人の母上のお通夜を変わってもらった。
実家では弟の新盆。
心こもった迎え火の祭壇に、私達のぶんまでお線香をあげましたと、下の弟から連絡があった。
祭壇には、友人令子さんの果樹園からおくっていただいた黄金桃も供えられた。

 今年の暑さと雨で初収穫が早くなった<はなもぎ>の黄金桃。
今年は猛暑雨不足の後に急に涼しくなり雨が続いた影響かひび割れた桃が大量に出てしまったのだそうだ。
<今年もよくここまで頑張って実ってくれたねぇ~…と感謝感心致しております>という
レイコサンの言葉が胸をつく。

一年をかけて自然の厳しさと戦いながら果物を育てるのはどんなにか大変だろう、といつも頭をさげている。
その思いは、葡萄を育ててその年のワインを造ることにも通じるようで、
レイコサンは大のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーのファン。

 家に送っていただいたのには、さんさという林檎を サマーエンジェルというプラムも
そっと入れていただいていた。
やさしいやさいい頬づりをして、祖母父達の写真の前におそなえした。

レイコサンありがとうございました。

a0031363_22274386.jpg(カメラのプロヴィア仕様で)

a0031363_22281127.jpg(カメラのアスティア仕様で)

a0031363_2229768.jpg(カメラのクラシッククローム仕様で)

a0031363_22293682.jpg




by pretty-bacchus | 2015-08-13 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21551366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahaan at 2015-08-16 17:26 x
拙宅にもお裾分け戴き、大いに感謝しています。
写真はクラシッククロームが良い仕上がりですね。
Commented by pretty-bacchus at 2015-08-16 22:29
nanahaanさん、今年の<はなもぎ>は例年より五日ほど早かったそうで、ご母堂様のご命日にちょうどまにあったようでよかったです。

名前
URL
削除用パスワード


<< パレスホテル内の中華で真夏の宴      国際宇宙ステーション内のレタス... >>