猛暑日の都心のベランダの片隅に小さな命が 花開きました
2015年8月7日 金曜日 晴れ

 二十九度から下がらずに熱帯夜のまま朝となった。
午前七時にはすでに三十度を超えた。
午後には三十八度となった東京。

 まだあけきれぬ朝のベランダに、去年朝顔と一緒にやってきた土から芽生えた
白い小さな命が花開いていた。
なんとはかなげでかわゆい風情だろう、、、、。

一年草の朝顔は朽ちてしまったが、その土からは、この猛暑にも負けずに別の新しい命が生まれたのだ!
花の名は<ヒヨドリジョウゴ>
草々の自然の摂理ってなんて素晴らしいのだろう!

a0031363_20161580.jpg


a0031363_20172325.jpg


a0031363_20164671.jpg


(遠くにはまだオナガがやってきて、、、、)
a0031363_20175489.jpg


 本当に地球はどうなってしまっているのだろう、、、。
それでも土手の道にでるとミンミンゼミは静かになってオーシンツクツクが鳴き始めていた。
季節の代わりを一番わかっているのが蝉のような気がする。

早くかなかなの声を聞きたいですね〜〜〜。


by pretty-bacchus | 2015-08-07 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21532551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-08-12 08:10 x
ヒヨドリジョウゴの花に見えますが~~愚生は老眼だから~あやしいかも
Commented by pretty-bacchus at 2015-08-12 16:57
nanahanさん、はい、去年nanahanさんに名前をおしえていただいた、ヒヨドリジョウゴです!

名前
URL
削除用パスワード


<< 十日連続の猛暑日、東京でも三十八度!      熱帯夜が続いて、少々ばて気味で... >>