猛暑にもオナガの親子がチュー〜ピューイ〜と遊んでいます
2015年7月28日 火曜日 晴れ 猛暑日

 午後に雨模様という予報だったのに、結局一滴もふらずに夜になった。
暑い上に湿度が高いのがなんともつらい。

 借景では早朝からミンミンゼミがけだるそうに鳴き、ベランダには雀さんとオナガがちらり、、、。
右の大木から左のイヌシデへいったりきたりするオナガが一日中愉しそうに遊んでいた。
それも今日は四羽もいっしょに確認できた。イヌシデの左側の陰の方に二羽、右側の日の当たる方に二羽、
二羽は少し小さいからやはり新しい家族が出来たのだろう。
あの日陰の樹上の枝の奥に巣があって新しい命がうまれたのだろう、、、。

a0031363_3264212.jpg
(ベランダの柵のすぐ向こうのシデの木の枝にひらり〜〜あっというまに飛び去って、後ピンになりました)

 (お昼過ぎに遠くのいつもの枝にオナガが、、、)
a0031363_3345653.jpg

(木漏れ日に羽根が美しく輝く、、、)
a0031363_3352731.jpg


a0031363_3562326.jpg

(ピピ、、チュー〜ピューイ〜〜〜〜ピュイ〜〜)
a0031363_357459.jpg


しっぽが短い子供のオナガ!)

a0031363_35901.jpg


a0031363_423182.jpg
(あれれ〜〜おちてしまって、、、怖そう〜〜〜!)

(あれ〜〜細い枝に乗った子オナガがつるりとおちそうになった、、、。
普通は何秒かで場所を変わってしまうオナガが、この子はそのあと一時間以上に同じ場所でキョロキョロ、、、、
子供のオナガは尾羽根がまだ短いのかしら、、、?)
a0031363_433555.jpg
(ママ、、、助けて〜〜〜)

a0031363_3315346.jpg
(母親が飛んできて、、、、)
(母親がキョロキョロ、、、、小鳥はそのしたでじっと、、、、、、、)
a0031363_3341357.jpg
(クチをあけているのはお腹がすいたのかしら?)

(二時間後の午後四時すぎに、、、今度は歌をうたい始めました、、、)


 この都心のほんの狭い三角の空間の三本の木に、この極暑に新しい命が生まれていたとは、
なんて素敵な事だろう!
この借景にやってきた数週間前は汚い声でギュイ〜〜と鳴いていたが、このところずっと「チュルル、チュルル、、
チュー〜ピューイ〜、」などと鳴いているから環境になれておだやかになったのだろう、、、。

オナガが訪れてくれたのは今年初めてだから、去年まではどのあたりにいたのかしら?
留鳥なので、きっと近くのこんもりした木々に生息していたのだろう。
来年もいてくれるといいな、、、。

 夜になって食事のために少し歩いたが、なんだか暑くて息切れがする、、、。
当分こんなふうな暑さだという予報、、、どうしよう、、、。

 〜〜〜〜〜
a0031363_3210100.jpg


(ガラス越しに超望遠で手持ちですが、D7100とP510では画質の違いは明らか!)


by pretty-bacchus | 2015-07-28 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21497843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 郁子 at 2015-07-30 14:06 x
敬子さん、とうとうオナガ一家の観察に成功したのですね。
長く留まっているな〜と思っていたら、やはり子育てしてたのですね。
子供は2羽?
調べてみると、幼鳥の尾は短く、頭には白いのが混じるとあったので、
6・7・8枚目は間違いなく子供ですね。
母鳥を意識しているような、どこか甘えん坊のような風情がとても可愛い。
それにしてもオナガやスズメなど、都心で野鳥の楽園みたいになっているなんて、
羨ましい限りだし、敬子さんの観察眼も素晴らしい!
オナガは今や留鳥になったとは!九州の一部に見られたオナガも
今は殆どいなくなって、関東一円、それも東京が一番多く見られるとか・・・
勿論そう簡単に見られる訳ではないので、
敬子さんのところはほんとに貴重なエリアなんだわ。
木、茂みがあるということが野鳥には命綱なんですね。
野鳥のみでなく、人間にとっても緑陰となり、風となるオアシスです。
Commented by pretty-bacchus at 2015-07-31 02:26
郁子様、こんばんは。
このところのあまりの暑さに横着をきめこんで昼間の外出をひかえていたのがよかったのでしょうね!

親鳥は枝にとまってもすぐにとびさってしまいますからとてもむずかしいですし、なにしろ遠くの木の陰の枝ですから、ピントもすぐにこないことがあります。
幼鳥は二羽のようですね。
親鳥のようには飛べないし動けないし、一度枝に止まるとしばらくそこにいますので、カメラをかまえる時間ができます。

なにしろソファーに座って目の前はMac、右手の借景を時々見ながら仕事をしています。
いずれにしても16~300の望遠側ですから手ぶれ防止がついてないれんずでしたら、こうはとれなかったでしょうね。

本当にここは貴重がエリアですが、おそらく上の階の人には下すぎて見えないでしょうし、下の階の人はベランダに出てみて見上げなければわからないかもしれませんね。
いろいろ紆余曲折がる今ですが、この借景のおかげでどんなにか救われていることでしょう。
夕陽が沈むときには神様に感謝して手を合わせ、時には涙したりしています。
〜〜〜〜〜〜〜〜
Commented by nanahan at 2015-07-31 09:09 x
素敵なシーンばかりで卓越した観察力にお見事の一言のみです。
Commented by pretty-bacchus at 2015-08-01 03:00
nanahanさん、ありがとうございます。
なんとも嬉しい借景の景色なのです。
ソファーに座ったままガラス越しに遠くを超望遠で手持ちで、こんなふうに遊べるとは幸せなカメラ時代となりましたね。


名前
URL
削除用パスワード


<< 猛暑日に大間の鮪をいただきました!      猛暑日はお部屋から雀とオナガに... >>