夏至の最後の日に思い出に酔って
2015年7月6日 月曜日 雨のち曇り

 今朝もなんとも暗い朝。
同じ雨でも暗さがどうしてこんなに違うのだろうか!

 土手には昼顔の蕾が凛として明日を待ち、トランペットエンジェルは清らかにほんの数輪咲いていた。

a0031363_1293643.jpg
(昼顔の蕾は明日への希望ですね)

a0031363_1303931.jpg


#IMAGE|a0031363_131763.jpg|201507/08/63/|mid|984|657#]

a0031363_1313446.jpg


 今日は二十四節気の夏至の最後の日。
明日からは小暑(7/7~7/22)。そして少しずつ日が短くなる。

 夏至のブログ内記事をみてみたらいろいろ出てきた。
夏至の時期に訪れた国は数々あるが、やはりパリの夏至祭りの<フェットドゥミュージック>の想い出と、
北欧のフィヨルドの旅の記憶が鮮烈に甦る。

 旅っていいな〜〜〜とあらためて実感!
 あ〜〜でかけたくなりました。
今年は三月の旅が延期で四月になり、それもキャンセルになってしまっている。
いつになったら飛び立てるのかしら〜〜〜?

日の出入・月の出入 (計算地:東京)
  日の出 04時30分  : 日の入 19時01分
  月の出 21時56分  : 月の入 08時50分
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/19927300/
2014年6月22日 日曜日 雨のち曇り少し太陽が その一
1996年6月21日 夏至の日のパリ、セーヌ河畔
★OldPhoto銀塩写真のデータ化の整理をしていたら、
北欧の夏至の頃の翌年には、同じ頃のまさに夏至の日に撮ったパリの写真があった。

“セーヌ河畔になぜこんない人が出ているの?
“今日は夏至だからです、、、”と、日本語がわかるジャクリーヌが言っていたのを思い出した。
なにか特別な夏至祭りの催しがあったのだろうか、、、残念だ。

a0031363_21252852.gif
a0031363_4164042.jpg
(21 June 1996 De la fenêtre de voiture de l'autobus )
コンコルド広場の午後は雲が多かったのだ)

a0031363_4224299.jpg
(21 June 1996, Le soleil couchant dans la Seine au solstice de l'été )

a0031363_429048.jpg
(夏至の日のセーヌ河畔はすごい人だった)

a0031363_4295828.jpg
(ノートルダムの向こうに夕陽は沈みゆく、、、)

a0031363_431458.jpg


a0031363_4303361.jpg

 富岡八幡宮の提灯やのぼりがたって、御神輿が鎮座ましていた船を撮った、その翌日が夏至だったのだ。
a0031363_562172.jpg


http://keico.exblog.jp/19923614/
2014年6月21日 土曜日 曇り
夏至の東京と北欧ノールキャップの沈まぬ太陽

http://keico.exblog.jp/19923614/
2014年6月21日 土曜日 曇り
夏至の東京と北欧ノールキャップの沈まぬ太陽

a0031363_2443340.jpg


a0031363_245186.jpg
(04July 1995 ノールキャップで沈まぬ太陽を拝す)



by pretty-bacchus | 2015-07-06 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21424445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-07-08 08:30 x
昔の写真に良いのが沢山ありますね、フィルムの魅力なのでしょう。
Commented by pretty-bacchus at 2015-07-08 14:28
nanahanさん、こうして十数年後にフィルムの魅力を再発見するのもおつなものですね!

Commented by rubbish re at 2015-07-14 02:11 x
The precise reality is, individuals aught to care for one another and each other's needs, however within the grand scheme of things, we all deserve hell and something better warrants profuse gratitude.” I am not sure I have ever heard a sentence more filled with poison than that last sentence. If religion in America goes to proceed on the all of us deserve hell and anything higher warrants profuse gratitude” observe that it seems to be on, Atheists are going to win this morality battle simply as completely as similar-intercourse marriage proponents will win theirs. One other chance could be night time terrors, u wake up and u wouldnt be mindful the dream, indicators are sudden waking up, alert and often lined in sweat.
Commented by sydney removals at 2015-07-14 04:52 x
In the Reentry program, you will get seven weeks of completely up to date and expanded content material, steerage and homework to maintain you on-monitor and transferring ahead. Together with the course content material for every week, additionally, you'll obtain audio guides, 7 reside calls with me, and in-depth homework assignments to help move you thru the Reentry course of. You'll receive the total reside Reentry program however additionally, you will have direct e-mail access and private homework strategies from Christina.
Commented by rubbish re at 2015-07-14 07:34 x
And my sweating was the worst when I used to be consuming these meals that I was illiberal to. Stress causes meals allergic reactions, meals allergic reactions set off the immune system to over work, which items off the sympathetic nervous system, which then causes extreme sweating. I've not at all in my life worn sandals or shoes without socks bc it really hurts with the sweating.
名前
URL
削除用パスワード


<< 雨の七夕は雨を見て鳥と遊んで、、、      暗い日曜日は、小鳥に癒され、美... >>