夜の土手の赤いツツジは赤いのでしょうか!
2015年5月28日 木曜日 晴れ 病院

 T医大眼科へ。
昨年の二月に画像が波打ってみえるのがひどくなったので受診したのだが、白内障の手術となり、
なにか違うのではと実は思っていた。
あんのじょうというか、左目の画像の波はひどくなっていて、今年の三月にG教授から加齢黄斑変性の
専門のK女医にまわしていただいた。

 先月の受診で、今の時代の処置方法で、注射が最適といわれていたが、もう一月様子を
みていただくことにしてあった。
いつものように視力検査、眼底検査、そして瞳孔を開いてからの眼底のOCT検査で、
すでに二時間がすぎた。
そのあと更に一時間まってわたしの番になった。
このT大学病院の眼科は評判がよく、いつも混んでいて、予約があっても時には何時間もまたされることが
あるのが、皆さん我慢強く待っていらっしゃる。

 眼底にたまった水が少し引いているようで、予定されていた来週あたりからの目の飛び出るような
高い注射は延期となった。
先生も悩まれたようだが、、、、(よかった〜〜)

“もう少し様子をみていいいでしょう、、、でもまた病根ははっきりと遺っていますから
、毎月様子をみましょう、、、”
“これまでに眼科もふくめて、信頼する先生と現代医学に助けられて今まで生きてきました。
先生におまかせいたしますので、よろしくお願いいたします” と頭を下げて退室した。

 心なしか、レンズを見る眼がちがっているような感じ、、、。

a0031363_254826.jpg

〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/20969230
2015年3月5日 木曜日 晴れ
眼科の新しい女医さんに感謝です

http://keico.exblog.jp/21184827
2015年4月30日 木曜日 晴れ その一 病院
空気がきれいなゴールデンウィークの東京です

http://keico.exblog.jp/19625673
2014年3月28日 金曜日 晴れ
手術が終わって初めて学ぶ最新の白内障手術

http://keico.exblog.jp/2163857/
2005.8.11
2001年の失明の危機の思い出その二

http://keico.exblog.jp/3193645/
2006.02.14
病超え高き低きに宙ぶ人生(入院の記録)

http://keico.exblog.jp/2163794
2005.8.11のブログ
失明の危機を脱した2001年の手術の思い出

http://keico.exblog.jp/2163857/
2005.8.11のブログの続き
2001年の失明の危機の思い出その二

http://keico.exblog.jp/10904424/
2010年6月25日(金) 続き
小さな旅は、人生の旅のほんの一時なのかもしれない

http://keico.exblog.jp/16988936/
2012年12月14日 金曜日 晴れ
二十一世紀の巴里への旅を追憶して
〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/1751646/
2001年11月17日土曜日 ハ晴れ
日記から目の手術の記録をブログに移行


〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/19607689/
2014年3月25日 火曜日 晴れ
サクラの開花を待てずにしばらく留守にします

http://keico.exblog.jp/19611185/
2014年3月26日 水曜日 晴れ 病院 
都内某病院の眼科に入院しました

http://keico.exblog.jp/19624292/
2014年3月27日 木曜日 雨 手術の日
手術は無事に終わりました。


〜〜〜〜〜〜
 パリにいて異変を感じた右目は孔原性網膜剥離で、帰国して緊急手術を受けたのは二週間後であったが、
緊急入院、緊急オペで失明を免れて網膜をシリコンで吊ってある。
半年後には左目が新生血管ができて眼底出血で混濁して硝子体手術で硝子体を入れ替えた手術の経験がある。
これは加齢黄斑変性で網膜の中心部= 黄斑部が、加齢などが原因で、この黄斑部の網膜のすぐ下や
網膜の外側の 脈絡膜から新生血管と呼ばれる異常な血管ができ、もろい新生血管が破れて出血したり、
新生血管の中の水分のもれなどを起こすために、ものを見ようとするときに中心がゆがんだり、
黒く見えたりして急激に視力が低下する病いだった。
欧米諸国では成人の失明原因の第一位を占める重要な病気で、日本でも食生活の欧米化や近年の高齢化に伴い
患者数が増加して、緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性症に次いで、
成人の失明原因の第四位を占めているという。



by pretty-bacchus | 2015-05-28 23:59 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21292635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-05-31 09:20 x
目は加齢と共に駄目になります。あきらめないでじっくりやりましょう。
無理をしないことが第一でしょうね。お大事になさってください
Commented by pretty-bacchus at 2015-05-31 22:11
nanahanさん、ありがとうございます。
でもやっぱり少し無理をしてしまいますよね〜〜〜!

名前
URL
削除用パスワード


<< 真夏日は友と海の幸山の幸をシャ...      夜の道をFUJIFILM X-... >>