桜の宴は感謝の宴でした ✿ฺ´☆`✿ฺ
2015年4月1日 水曜日 花曇りの一日

 早や卯月。
なんと月日の過ぎるのはこんなに早いのだろう。
入学式や入社式に桜が満開というのもなんだかすてきだな、、、。

 S & Uさんのお招きで昼の桜の宴にご一緒させていただいた。
半藏門の<フレンチレストランアルゴ>。サクラの時期のお昼は特に混んでいて、
二時からのお席をとっていただけた。
いつものように半藏門や吹上御所を正面に見るお席ではなく、九十度左がわの通常は
ライブラリーカフェの窓際にお席が創られていた。

a0031363_214970.jpg


 眼下は英国大使館の満開の桜さくら。右の方にお堀がみえて、遠くに千鳥ヶ淵の桜が
花曇りの中に浮かんでいる。

a0031363_2161644.jpg


a0031363_215666.jpg


a0031363_217245.jpg


(一雨のあとはしっとりと、、、、)
a0031363_2175094.jpg


 山下シェフの桜の宴の特別メニューは桜色づくし!
白ワインはベルジェのピュリニーモンラッシェ1998!シャトーイケムのような色と濃密な香りと味に驚嘆。

a0031363_2203498.jpg
(まずはオードブル、天使の海老と魚介のサラダ仕立て セロリラブのバジリコ風味、 
しょうがのシート添えシャンパンにピンがあってしまって皿はぶれてしまいました、、、、)(
(あとは後ほど整理して、、、、)

a0031363_2382280.jpg
(四皿目もお肉? 牛フィレ肉のポワレ 赤ワインソース 春野菜添え)(

a0031363_222254.jpg


 赤は、フランスの農業博で金賞をとったシャトー・ドゥ・ティルガンのグランミレジム2011。
“開けたとたんにシャトーマルゴーのような香りがたちあがってきました”と、
シェフソムリエの米田さんもにこにこ、、、。
全員がこのワインを味わうのは初めてだったのです。

a0031363_2305411.jpg


a0031363_2312528.jpg


a0031363_2253518.jpg


#IMAGE|a0031363_226711.jpg|201504/04/63/|mid|1124|751#]

a0031363_2392872.jpg(デザートは、、、)(

a0031363_227628.jpg


 詩歌の世界に詳しくご自分でもつくられるUさんとは、有原業平の桜の詩などの話題に興が乗って、
時間はあっというまにすぎていきました。
桜の宴は感謝のひとときでした。

a0031363_2452594.jpg
(すでに二時間もたって、、、、pm4:00)




by pretty-bacchus | 2015-04-01 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/21082285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 郁子 at 2015-04-04 13:17 x
敬子さん、相変わらず優雅でいらっしゃるのね。花の下のどんちゃんの庶民とは違い、
高層階から眼下の満開桜を愛でながら、高級ワインとフレンチなんですから、
こちらもいい気分でお相伴いたしました。
英国大使館の桜を一度は訪ねてみたいと思いつつ果たせずにいます。自由に入れるのかしら?
先日も千鳥ヶ淵の後、寄りたかったけど、蕎麦屋に急いだので行けませんでしたが、
アウトになる位なら、大使館を目指せばよかったと・・・
でも千鳥ヶ淵からは結構遠いので、来年はそちらに直行します。
この界隈、ほんとにさくら・桜ですよね。この写真見ててもそれがよく分かります。
花曇りですが、しっとり感があってこれも一興です。

ワインなどあけて高階花見かな
Commented by pretty-bacchus at 2015-04-05 00:21
郁子さん、いえいえ、お昼のメニューはとてもリーズナブルなのです。故に予約が全然取れません。
英国大使館の中は、予約をしないと入れないようですが、このレストランからは一望なのです。
昔の東條会館です。
来週からはライブラリーカフェも再開すると思いますので、一度いらしてみてくださいな、、、。


名前
URL
削除用パスワード


<< ガラス越し、シデの花芽の遠くに...      千鳥ケ淵の桜を愛でてふた時の華... >>