氷雨の一日でした
2015年2月26日 木曜日 雨

 氷雨の一日。
二・二六事件、七十九年前のこの日も寒い一日だったという。

 形もいろいろ大きく変わりいまや世界は混沌としている。
どうなってしまうのだろう。

 落ち着かないままに病院の窓から煙る街をぼっとみていた午後の数時間であった。
都庁も霧のなかで、道路からときどき空調の煙がたっていた。

a0031363_23454870.jpg


a0031363_2322486.jpg

a0031363_23461481.jpg




by pretty-bacchus | 2015-02-25 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/20941200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-03-01 20:40 x
冷たい雨の都会は良い風情があります

田舎はダメですね。雨を眺めて
おのれが惨めになるばかり~~
Commented by pretty-bacchus at 2015-03-02 00:20
ナナハンさん、こんばんは。
ウミ坊ちゃんが天国に召されてしまったあとは、お寂しいことでしょうね。
ブログを拝見してとても辛いです。

名前
URL
削除用パスワード


<< 忙中閑あり、奈良原一高 写真展...      あまたの歴史の積まれた巴里をど... >>