夕顔の 一夜命や 悲しけれ
 夕顔の蕾が大きくなった。
このまま咲いたら一晩の命、もうすこし咲かずに命を愉しんで、、、と声と掛けたくなる。
 同じ一日の命なのに、朝顔のように咲くのを喜べないのはなぜだろう。
朝顔も朝に開いて夕方には萎みかけ翌朝次のが開いたときには
すっかりしぼんでしまっている。
夕顔は夕方に花ひらき、朝には萎んでしまっている。
夕顔は悲しくはかない。

 仲良し雀も悲しそう。
a0031363_23451167.jpg

by pretty-bacchus | 2005-07-13 23:26 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/2094029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 暗い朝 朝顔だけが 華やかに      胸をはり 梅雨空に咲く 朝顔の >>