如月の寒い夜には人生の大先輩のお話をうかがって
2015年2月2日 月曜日 晴れ

 T氏の出版記念会のあとに、またIさんとご一緒させていただいた。

 男二人の話は、またまたこの界隈の六十年以上まえのことをいろいろ。
八十五歳になられるIさんはほんとうにダンディー。
四谷生まれでお仕事の本社も四谷にあったそうで、同じく四谷生まれの連れ合いとはよく話があって、
二人ともほんとに愉しそう〜〜〜! 
その時の中学校は一中も三中も二つとも少子化で廃校になってしまっているのだとういう。

そろばん塾、お寿司屋さん、うなぎ屋さん、そしてなんと二月になってこの寒さの中に、彼は七十九年前の
二・二六事件のことを思い出しているという。

二・二六事件、ウィキペディアによると、
1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが
1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件である。


彼が七つの頃で、その時の銃弾の一部がつい最近まで、四谷見附から赤坂御所にいたる公園の裏の電信柱に
残っていたという。

 Nさんのご母堂のこともうかがったし、いろいろと語り伝えていくことは大切なことなのだろう。

a0031363_1464954.jpg
(いつもはノーネクタイで超ダンディーで素敵なお召し物なのに、
今夜はレセプションでネクタイをしていらっしゃってちょっと恥ずかしそう、、、。)

http://keico.exblog.jp/20778508
2015年1月20日 火曜日 晴れ
人生の素敵な先輩とご一緒させていただきました

 (四年前の十一月のスナップは、シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーで乾杯!
道場さんとご一緒に。
この十数席のお店は食文化のかおりでいつも一杯!)

a0031363_239044.jpg

http://keico.exblog.jp/7620189/
2008年10月30日 木曜日 晴れ
80歳の井上さんのヴィンテージワインを味わって

http://keico.exblog.jp/7620189/
2008年10月30日 木曜日 晴れ
80歳の井上さんのヴィンテージワインを味わって

http://keico.exblog.jp/6142493/
2007.09.09 日曜日 重陽の節句
パバロッティーさんに捧げられた「キエフ・オペラ」追悼公演
 
http://keico.exblog.jp/7517749/
平成20年9月24日(水) 晴れ
人生の実りの秋の友と酒

http://keico.exblog.jp/1965787/

2005.05.25
オペラフィデリオ

ドイツにいらっしゃる音楽家のお嬢様のお友達が、来日して出演なさっていたオペラを新国立劇場で鑑賞して
楽屋へおじゃましたときに、、、。
あれからもう十年になる。その間だ何度も重篤な病気を克服なさっている。

a0031363_223173.jpg



by pretty-bacchus | 2015-02-02 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/20843286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-02-04 22:09 x
なんとも、いま、流行の言葉で申せば
「ハイソ」なかたがたの優雅でうらやましい
ひとときですね。う~~む。ウラヤマシ
Commented by pretty-bacchus at 2015-02-05 09:53
nanahanさん、そんなことはないのです。
皆さん、戦後の右肩上がりの時期に猛烈にお仕事をなさり、
古希あるいは傘寿をこえて、やっとお好きなオペラやお酒を愉しんで余生を送っておられす。
彼は何度も重篤が病を乗り越えていらっしゃいます。
この年齢になるとそういう生活を送るのはご自分のお気持ちなのだな、といつも驚嘆しています。
ちなみに私は「ハイソ」ではありませんし、そのその流行葉は好きではないのです!!

名前
URL
削除用パスワード


<< <鬼は外、福は内>      暗い悲しい日曜日になってしまいました >>