十七夜月はケーキ<一期一会>と七草粥
2015年1月7日 水曜日 晴れ

 パリ市内で銃乱射事件が起こった。
風刺雑誌「シャルリー・エブド」の編集部が襲撃され、編集長や著名風刺漫画家を含め十二人が
撃たれたという。

 友人の家から十数分の処で、大変のようだ。
パリから帰国してまだ一月もたっていないのでかなり驚いている。
去年の秋にスリの元締めが捕まり裁判になっているので、下っ端のスリが全部消えた!と噂されていて、
彼女はほっとしていた矢先だという。
「このまま治安が良くなると良いね〜、、」と話していた矢先だったそうで、
スリよりもっと始末が悪いと日本からのお客様が多い彼女はとても案じている。

各地で追悼式や抗議集会が行われて、彼女たちにも「テロの犠牲者追悼のろうそくを窓辺にともろう〜!」と
いうメールがきて、早速ろうそくを探して点けましたのだそうだ。
“こういう所がフランスらしいです。平和な日が来ることを心から祈っていますと、
滞仏二十五年の彼女はメールを結んでいた。

a0031363_23372895.jpg
(きれいな夕空はじめ、、、、)

a0031363_2334265.jpg


 二〜三お年賀のご挨拶のあとに、お正月のお餅で治療中の歯がはがれてしまって夕方に歯医者さんへ。
帰りはいつものシェシマでお正月のアールグレーティーをいただいて、
お供はお正月のケーキの<一期一会>。お抹茶と黒豆のお味のハーモニーが抜群。

a0031363_2338714.jpg


 そのまま夕食へ。立ち街の月が凍れる夜に、七草粥をいただきに出かけた。
一昨年から魚真の板長さんが特別につくってくださるのだ。
築地の魚河岸から直の播州のあわびをいただいて、今夜の七草粥は少し中華風なのだそう。
ありがとうございました。

a0031363_23424335.jpg


a0031363_2348416.jpg
(板長さんへのお年賀は、<お・め・で・と・う>のマカロン。

a0031363_2343225.jpg


a0031363_23434913.jpg
(お正月のお節料理の食べ過ぎは七草粥を三日続けると解消するといわれたが、
とんでもありませんね〜〜〜)

a0031363_23481067.jpg



by pretty-bacchus | 2015-01-07 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/20682720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2015-01-09 18:13 x
結構な松の内でしたね。しかし、パリは大騒ぎですが、これはアメリカとか、その背景のネオコンなどのやらせではないかなぁ。等と勘ぐっていますが~~。
Commented by pretty-bacchus at 2015-01-09 18:49
nanahanさん、こんばんは。松の内ってすてきな言葉ですね。
それにしてもナナハンさんの毎日おつくりになられる「隠居の一品」は美味しそうですね〜〜!

Commented by swingphoto at 2015-01-09 19:21
悲惨な事件です。

そして、何回も出かけていて
最近パリは治安が悪いなあと感じています。

一昨年のパリでは、ホテルのセキュリティボックスから
お金をぬかれたり
昨年は、ビックポケットにぶつかられ
周りの人が気づいてくれて、難を逃れたり、
旅慣れてないわけではないので
すきはないとおもうのですが、、、
Commented by pretty-bacchus at 2015-01-09 23:33
swingphotoさん、ほんとうにパリは困った都市になってしまいましたね。
旅慣れているとかではないようで、もう何十年も住んでいる日本人も他の国の人も、フランス人ですら標的になっているようです。
友人のメールによると、今回のイスラム関係では、街が危険で子供達が学校へ行かれなくなると、ますます知識や情報を得る事の出来ない子供達が多くなるという現状が原因の一つなのだそうです。

Commented by nontan91 at 2015-01-11 23:36
こらこら、こんな美味しそうなものを食べて!
夜中にはちょっと刺激的です^^

で、パリは大変でしたね。
先日このブログで治安が悪いと言う話を聞いていた矢先でしたので
なおさらビックリしました。ご友人の家の近くとのこと、
不安でしょうね、もし自分の家のそばだったらと思うとぞっとします。
↑にswingphotoさんが書かれてましたがセキュリティボックスから
お金を抜かれるようでは怖くてパリに行けませんね。
Commented by pretty-bacchus at 2015-01-13 03:50
nontan91さん、こんばんは。今は世界中テロの恐怖はあるそうですが、
やはりフランスは狙われ続けるでしょうね。
1970年代にアラブゲリラのしかけた爆弾が乗った飛行機に乗って不発に終わって
命拾いしたことがありました。
まだこれからもどんな事に遭遇するのでしょうか、、、、。

http://keico.exblog.jp/6042978/
2007.08.23 旅での波瀾万丈の出来事いろいろ

名前
URL
削除用パスワード


<< のんたんさんに誘われて二十年前...      十二年前の未年の年賀状、そして... >>