アオギリの朝の光にはげまされ、美容院へ
平成26年11月8日(土) 晴れ

 借景の木々も少しづつ夏から秋への時間がすぎている、、、。
涼しくなって体がとても楽になった。
毎年今頃になると、今年の秋こそはお洒落をしよう、、、と思うのに、結局そこそこで止めてしまう。
高いヒールをはくこともなくなったし、いつもパンツルックで、スカート&スーツで
でかけることも無くなってしまった。

 その上今年の夏はとても年老いたとおもうので、せめて髪型でもきれいにしよう、、、夕方に美容院へ。
カット&ヘアーマニュキュアですっきりして夕方の道を少し歩いた。
通りの木々も色づき始めてもはや晩秋!
なんだかなぜか寂しくて、口ずさむのは、
“人生は過ぎゆく、恋いも去りゆく、、、La vie s'en va,,,ラ・ヴィ・サンバ〜。
家に帰って久しぶりにiTunesの中にある越路吹雪さんの<人生は過ぎゆく>をオン、、、。
晩秋ってやっぱりメランコリックになるものなのですね〜〜〜。

a0031363_1931164.jpg
(朝の光が揺れるアオギリの樹を超望遠でカシャッ〜)

a0031363_1994883.jpg






by pretty-bacchus | 2014-11-08 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/20367639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< ズービン・メータ指揮<モーリス...      レンズで愛でる立冬の西のビルの朝日 >>