秋の日のヴィオロンのためいきの  身にしみてひたぶるにうら悲し
2014年11月2日 日曜日 雨の予報が起きたら晴れ

 きれいな朝だったのに、午後に曇ってきてしまった。
連休の中日、、、静かに時を過ごしていると、秋の詩を口ずさんでいた。
               
Les sanglots longs
Des violons
 De l'automne
Blessent mon coeur
D'une langueur
 Monotone.

ポール・ヴェルレーヌ Paul Verlaineの秋の詩、Chanson d'automneだが、
フランス語ではここまでしか覚えていない。

秋の日の ヴィオロンのためいきの
 身にしみて ひたぶるに うら悲し

鐘のおとに 胸ふたぎ
 色かへて 涙ぐむ 過ぎし日の  おもひでや

  げにわれは うらぶれて  ここかしこ さだめなく
    とび散らふ 落葉かな、、、。

a0031363_5284580.jpg


a0031363_5294194.jpg


a0031363_637846.jpg
  

 、、、、、身にしみてひたぶるにうら悲し、、、、、、、、、、
そして切な色に今日も暮れていく、、、、。

a0031363_394517.jpg
(屋上からの西の空を、、、、)

a0031363_3103611.jpg


a0031363_3105286.jpg


a0031363_312755.jpg


(お部屋に戻って、カーテンとガラス越しに、、、、)

a0031363_215468.jpg


a0031363_222747.jpg
(さっき屋上で遠くに動いていたのはヘリコプターだったのだと!)

   〜〜〜〜〜〜〜
 上田敏の翻訳詩集「海潮音」の「落葉」の詩は、秋になるとなんともうら悲しく、
口ずさみたくなって、毎年今頃にブログに書いているみたい、、、。

http://keico.exblog.jp/7547912/
2008年10月5日 日曜日 曇り
秋の日の ヴィオロンのためいきの                       
 
a0031363_4173832.jpg
(アルマンのヴァイオリン、グアジーニの木彫りの指揮者とプリマヴェーラ)

by pretty-bacchus | 2014-11-02 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/20348688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by k7003 at 2014-11-04 04:43
おおっ、力作揃いですね。(^^)/

こういう立派な写真作品を、安心してじっくり、拝見することができる、やはり、このエキサイトのこなれたプレゼンが、よくできているなぁ〜〜〜と、思えてきて、、、
複雑な気持ちです。う〜〜〜ん、もどってこようかな〜〜〜〜〜〜〜〜。
Commented by pretty-bacchus at 2014-11-04 04:52
Nkさn、ぜひお戻りくださいませ。心よりお待ちいたしておりますよ!
Commented by k7003 at 2014-11-04 05:51
はっきり言って、Pretty-Bacchus さんの今朝のこの記事を読んでのことでございました。
どこまでも深いご縁を感謝しつつ。(^^)/
作業に入ります。今日はそれで大わらわです。(^_-)
Commented by k7003 at 2014-11-04 05:54
昨日、パリのロダン美術館館長の講演を聴きに、兵庫県立美術館へ行ったのでした。
最上の文化の日の過ごし方でした。
すごい感銘を受けました。
Commented by pretty-bacchus at 2014-11-04 06:02
K7003さん、素敵な文化の日をお過ごしになられたのですね! よかったですね。
そしてこのブログに戻ってきてくださってとても
嬉しいです〜〜〜!
ありがとう!!

Commented by swingphoto at 2014-11-04 08:15
お久しぶりです。
ちょっとサボっておりました。

また、ぼちぼち更新しますので
宜しくお願い致します。
Commented by 郁子 at 2014-11-04 15:08 x
このコメント欄の変更仕様についてのメールを差し上げましたが、グーグルで調べて、一応分かりましたので書いてみます。
ヴェルレーヌの「秋の歌」、この時期になると確かに毎年ブログに登場しますよね。その度に私も共感しつつ口ずさみたくなるのです。木々が色づくこの時節、やるせない寂しさはあるけれど、私は一番好きです。
1日のもそうですが、最近の敬子さんの黄葉或は紅葉のフォトはみんな気に入っています。都会の街路樹にはそれなりの黄落期の詩がありますものね。

黄落やヴィオロンの詩(うた)口を衝き
Commented by mokonotabibito at 2014-11-04 15:45
良いお写真が並んでいます。
詩とマッチしていますね・・・
若き日に実家にあった海潮音を読んで、ヴェルレーヌとはどんな人だろうと、、、そしてフランスに憧れたものです・・・

いやあ懐かしく拝見しました。
Commented by pretty-bacchus at 2014-11-04 22:51
swingphotoさん、こんばんは!
ご多忙のなかにちゃんとお休暇を満喫なさっていらっしゃるのですね。さすがです。
ブログ楽しみにしています、、、、。

Commented by pretty-bacchus at 2014-11-04 22:54
郁子さん、今回の改悪で多くの方がエクスブログをやめたようですが、私はこのまま続けます。
郁子さんがコメントを書けるようになってほっとしています。
今、昨日の黄葉の迎賓館の写真の整理をしています。
もう少しお待ちくださいね、、、。

Commented by pretty-bacchus at 2014-11-04 22:56
mokonotabibitoさん、ありがとうございます。
模糊さんは精力的に旅をなさっていらっしゃいますね。
いつもブログを楽しみに拝見しています!!

Commented by ナナハン at 2014-11-05 08:41 x
すばらしく空気感がある~~写真が多いですね

写真はこうやって並べられるとその人の育ちというか
生活環境が良く理解できます。(それが怖いのですが)
Commented by pretty-bacchus at 2014-11-05 19:18
ナナハンさん、秋の空気感をレンズが捕らえるのでしょうか?
そうですね、、、生活環境がわかりすぎるかもしれませんね。
たしかに怖いことですね。少し気をつけましょう、、、でも
もうこの歳ですからますます自然体でいくとも思っているのですが、、、。
このあたりを人生の達人にお話しをうかがいたいですね、、、。

Commented by nontan91 at 2014-11-05 21:45
フランス語はわかりませんが(笑)
上田敏の訳詩は暗記してました。
この人の訳詩以外には考えられませんね~
他のはどうも雰囲気が出ません^^
Commented by pretty-bacchus at 2014-11-05 23:53
nontan91さん、こんばんは、この詩もそうですが、上田敏の訳詩はどれも素晴らしく、若い頃には私も暗記したものでした。

のんたんさんのDP4の水の写真もまた素晴らしいですね^〜〜!
毎回楽しませていただいています。ありがとうございます。

Commented by asEn8jxvaf at 2016-04-11 10:16 x
<a href=http://diclofenacmisoprostol.nu/>diclofenac misoprostol</a>
名前
URL
削除用パスワード


<< 沈む夕陽にせかされて迎賓館界隈...      霜月の雨に桜の枯れ葉が泣いていました >>