昔の着物の写真をスキャンして百恵ちゃんとの思い出にふけって
2014年10月22日 水曜日 雨

 昔々ポラロイドで撮った写真が数枚出てきて、友人がきれいにスキャンしてCDに落としてくれた。
孝子と百恵ちゃん&友和さんと一緒に、孝子の従兄弟の築地の料亭さんで夕食をしたときの写真。
このころは無地の着物にカラフルな染め帯や名古屋帯を締めて、
有職組紐道明の無地の帯締めをいろいろ楽しんだ頃。

 友和さん百恵ちゃんとは何度かワイン&食事をご一緒させていただいたが、どういうわけか、
いつも私は酔いしれてしまっていた。どうしてなのだろう〜〜〜?

a0031363_0372273.jpg
(ほんとうに素敵なカップルですね!)

#IMAGE|a0031363_0232430.jpg|201410/23/63/|mid|612|704#]
a0031363_0345154.jpg
(縮緬地に袖先と裾のあたりに模様を描いてもらったと思う)

a0031363_036163.jpg
(1980年代だろう、、、山口百恵ちゃんと三浦友和さんとともに)


http://keico.exblog.jp/2090577/
2005.07.12
山口百恵ちゃんとの思い出
昭和歌謡史を語る上でどうしてもはずすことのできない、不世出の"菩薩"。それは山口百恵さん。

 もう一枚は、おそらく1980年代初めだろうか?
六本木の芋あらい坂にあった<六本木 福鮨>の二階の一室で撮ったものだろう。
この着物は志村ふくみさんの初期の一枚で、今はみずえさんの手になりジレーとジャケットになっている。
帯は縮緬に三十六歌仙の江戸がるたを描いてもらったものだ。

a0031363_0481810.jpg


(別のポラロイドの写真もみえる)

塩瀬の風神雷神と同じ頃に創ったものだろう。
http://keico.exblog.jp/7807933/
2009年1月15日 土曜日 晴
ピンぼけで凍れる月もにこにこと

http://keico.exblog.jp/12116067/
2011年2月14日 月曜日 曇り 寒い
A Happy Saint Valentine's day ! 

http://keico.exblog.jp/12113105/
平成23年2月13日(日) 曇り
凍つる夜入院案内読み返し

http://keico.exblog.jp/15275112/
2012年5月9日 水曜日 曇りのち雨
あじさいの赤の思い出は、'80年代にさかのぼって

http://keico.exblog.jp/14162322/
2011年12月12日 月曜日 その一  雨のち曇りのち晴れそして、、
☆回想のわが巴里の街1973~1980 =旅と滞在ホテル

http://keico.exblog.jp/20280819/
2014年10月10日 金曜日 晴れ
少しだけ衣更えの真似事をして、、、

 <六本木 福鮨>はカウンターは十一席、二階もおそらくそのくらいで、ネタも最高、
オーナーのジョージさんこと福沢錠爾さんがお客さんの心をつかんでいたウルトラ寿司やさんだった。
(今は別の場所に移り、ジョージさんも若くしてもうずっと前に彼岸に旅立ってしまって、
昔の面影はないという)

一流企業の社長さんや音楽家や芸術家が多かったそのお店で、名もない若かったわたし達に
ほんとうの寿司道を教えてくれたのはジョージさんだった。
時には地下で<まかない>を食べさせてくれたりもしたものだった。

 <★OldPhoto銀塩写真のデータ化>もまだ終わっていないのに、いろいろ整理の途中で出てきた写真の
一部を友人にデータ化してもらったので、恥ずかしながら記念にブログにアップしておきましょう。

http://keico.exblog.jp/3717874
2006.06.10 土曜日
満月の月無き夜も月を愛で、藤沢さんと西田さん

http://keico.exblog.jp/6838984/
2008年2月26日 火曜日 晴れ
北風も友と語らいほっかりと(西田さんと福沢錠爾さんのことなど)

http://keico.exblog.jp/19969430/
2014年7月4日 金曜日 曇ったり、、、少しふったり
旅だってしまった友をしのんで、コンコルド広場の噴水と

http://keico.exblog.jp/19949581/
2014年6月26日 木曜日 曇り
1997年の今月今日6月26日の私の巴里=パリのカフェの歴史


  〜〜
着物の写真をあと数枚、、、、。

#IMAGE|a0031363_0533492.jpg|201410/24/63/|mid|704|937#]
a0031363_0554352.jpg
 (ここへこしてくる前の神宮前のマンションだから1970年代後半、 三十代後半かしら?
服部の華やかな帯と正装の時の帯揚げと帯締めをしているので、何かの会の時だろうか、、、?
お初釜にしては華やかすぎるので、、、、。
このマンションでは室内で三百鉢以上のセントポーリアを育っていて、室内園芸の雑誌などに
記事を書いたりしていた。
パリの駐在から帰って、次のホテルメリディアンチェーンの代表に任ぜられる前に頃、、、)


a0031363_0575129.jpg
(1986年9月とある。九月なので沙袷の着物をきている。
某首相のレセプションのときだったと思う)

 若い頃のそれも着物の写真をブログ上に残しておきたいとは歳をとった証拠?、それとも
先が短いのかしら?

(風神雷神を着物に描いてもらったのプリントが出てきたので、スキャンしてまた
記録で残しておこう)

追加:
a0031363_2345490.jpg

エールフランスの日本支社二十五周年パーティーで、私は自分でデザインした着物を着ての出席だった。
(ハンドバックは着物ように特製のエルメスのクロコ)

http://keico.exblog.jp/16827814/
2012年11月18日 日曜日 晴れ
1977年頃の思い出



by pretty-bacchus | 2014-10-22 23:58 | ◎OldPhoto昔の写真>各年の記録 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/20316045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by galleryF at 2014-10-24 02:57
わっわっわっ、で、で、で、伝説の山口百恵さんではないですか。
なぜ一緒に写れるんですかw( ̄Д ̄;)wワオッ!!
keicoさんのすごさが改めて実感されました。
それにしても百恵さんきれい。。肌が白〜い。首が長〜い。
三浦友和さんは若〜い。そして時代を感じるヘアスタイル。。
今のCMのひととは別人ですね(^^;
Commented by k7003 at 2014-10-24 04:46
栄光の日々ですね。
(^_^)v
Commented by ナナハン at 2014-10-24 08:09 x
お宝ですよ~写真のすべてが~~良い暮らしをなさいました
うらやましい限りの良き人生に乾杯~~
Commented by mokonotabibito at 2014-10-24 08:35
美人二人とハンサム、ほれぼれします。
百恵さんはもちろんのこと、keicoさんもお綺麗ですね。
いやあ、いいもの見せていただきました。
Commented by pretty-bacchus at 2014-10-24 19:28
galleryF さん、こんばんは。昔懐かしい写真を載せてしまいました。
私の友人が彼女のフランス語の先生というご縁でした。
それにしてもお二人はほんとうに素敵ですね!

Commented by pretty-bacchus at 2014-10-24 19:29
k7003さん、ぼちぼち昔の若かった頃の自分の写真をだしたくなったようです、、、お恥ずかしいです!

Commented by pretty-bacchus at 2014-10-24 19:31
ナナハンさん、こんばんは。喜怒哀楽をこえて女性としては超波瀾万丈の人生ですが、こんなふうに楽しく幸せがこともあるのですから、人生捨てたものではないですね〜〜〜。

Commented by pretty-bacchus at 2014-10-24 19:33
mokonotabibitoさん、ほんとうに素敵なお二人ですね。
パーソナリティーもとっても素晴らしいのです!

いつもコメントをありがとうございます。

Commented by 婆美以 at 2014-10-24 20:02 x
かわいい~~!百恵さんと並んでも遜色がないようにお見受けします!双美人ショット、いいですね、、綺麗な姿はお花でも人でも。
蚊絣に縞のお着物”ナルホド、、こう合わせましたか”なお見事な帯合わせ!ずっと着こなしに想像がつかなくてモヤモヤ。。。今スッキリと胸の痞えが下りました!!!けれどお着物が解かれて、この絶妙な取り合わせが見られないのは本当に心残りで寂しいです。
他のお着物の取り合わせも流石、抑えが効いていいですね!
Commented by pretty-bacchus at 2014-10-25 01:59
婆美以さん、こんばんは。そうですか、あの蚊絣に縞の着物の着こなしを想像できなかったのですね。
たしかに寂しくもありますが、お陰様でこの季節にあのジレーを毎日楽しんでいます。

名前
URL
削除用パスワード


<< 最後の朝顔なのでしょうか、、、。      チョコレートケーキと赤ワイン >>