今夜は自家製ハムとピッツアとドルチェットダルバ
2014年10月11日 土曜日 晴れ

 初秋のベランダに今朝も朝顔が咲いた。
真ん中の鉢に一花、左の小さな鉢にも儚げな一輪が咲いていた。
これとても数時間の命、、、。

a0031363_032123.jpg


a0031363_04886.jpg


a0031363_044773.jpg
#IMAGE|a0031363_052180.jpg|201410/13/63/|mid|784|524#]

 花の命が尽きた頃に、ばたばたと音をたててヒヨドリがやってきたようだ。
ソファーに座って急いでカメラをむけたが、あれれ、、、きょろきょとを数分遊んで、
これもまた去って行ってしまった。

#IMAGE|a0031363_020171.jpg|201410/13/63/|mid|784|524#]
a0031363_0205464.jpg


a0031363_0212086.jpg


 秋の日没はほんとうに早い。
今週は台風の影響で串本漁港からの魚は入らないというが、軽く自家製ハムとピッツアを食べに
遠回りして出かけた。
 このお店もオープンして三ヶ月がたった。
最初はどうなることかと案じたが、だんだんお店らしくなってお客様も入るようになったようだ。

気軽なイタリアンバール&レストランという感じで、わたし達もカルパッチョをいただきに
時々でかけるお店になった。

 最初は冷房もきかないし、ドアーが開けっ放しで蚊はくるし、インテリアも少しちぐはぐだったり、
観葉植物が枯れ始めていたり、、、といろいろあったが、味も安定してきたしコスパも良い。
その上シェフの岡田さんとホールの山下さん達がなんともいえずにイイコなのだ。
わたし達は口うるさい舅&姑のように、毎回気がついたとをあれやこれやと言うのだが、
それも素直に聞いて直しているし、まだまだの腕や知識の欠落をわかっているようで、
わたし達の現地イタリアの経験や食やワインのこともいろいろ話を聞きたがり、
お客様が少なくなってからは、席にずっとついていたりする。
レストランのコンサルタント的なこともしたことがあるので、わたし達ができることは
いろいろアドヴァイスしていきたいと思っているのだが、、、さてさて、、、。

a0031363_0255480.jpg
(シェフの岡田さんはなかなかの勉強家! ピッツアの生地もとても美味しくなった!)

(今夜のワインはコスタンティのドルチェットダルバ2002年、まろやかでなんとも美味!
一緒に試飲しましょうね、、、、)

a0031363_0252040.jpg


(今夜はイタリアワインの産地のピエモンテとトスカーナのお話し!)
a0031363_0283079.jpg

(どうしたの〜〜?わたしそんなにおかしなことを言ったかしら〜〜?)
(はい、、、おかしいし〜楽しいです〜〜) と、二人は笑いこけている)

 <ケラージュ ジュヴ ドヌ?> わたしの独り言。


a0031363_1432193.jpg
(夜道にまたトランペットが一つ二つ、、、)

http://keico.exblog.jp/20029147
2014年7月22日 火曜日  晴れ 梅雨明け宣言あり
和歌山からの鮮魚三種のカルパッチョとシャブリ

http://keico.exblog.jp/20136628
2014年8月25日 月曜日 晴れ
晩夏の一夜は三種のカルパッチョに舌鼓をうって 

http://keico.exblog.jp/20153971
2014年8月31日 日曜日 曇り
「つがる」「さんさ」新種のりんご<メルシー>&カルパッチョ

http://keico.exblog.jp/20205983
2014年9月16日 火曜日  晴れ
五種類の白身魚のカルパッチョと熟成肉にはバローロ2001

http://keico.exblog.jp/20247112
2014年9月30日 火曜日 晴れ
一日の最後の食事は心許せる家族や友人達と!




by pretty-bacchus | 2014-10-11 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/20282435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ナナハン at 2014-10-13 09:34 x
朝顔良いですね、名残でしょう>レストランのスタッフが他人行儀で無く持参のワインをお相伴などー欧州の田舎の風景そのもの。
Commented by pretty-bacchus at 2014-10-13 19:30
ナナハンさん、名残の朝顔はなんとも切ないですね〜〜。
最近の若者はとけなすこともありますが、彼等はとても素直でイイコ達なのです。
食材の知識もワインの知識も少なく、いわんやホールとしてもプロではないのですが、
こういう気軽なレストランもあっても良いのかもしれませんね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 記録の一冊「フランスの発見の旅...      少しだけ衣更えの真似事をして、、、 >>