ねこじゃらしは秋を呼ぶ草なのだろうか?
2014年8月20日 水曜日 晴れ

 なんという暑さだろう。
二十七度もある熱帯夜で迎えた朝はかなりつらい。
朝顔もぐったりとして花をつけてはいない。

 蝉の音もまたぶり返したようで、朝に夜に激しく鳴いている。
今までの夏とは何かが違う。
こんなふうに一年一年と温暖化が酷くなるのだろう。

 土手の様子はすっかり変わって猫じゃらしが熱風に揺れていた。
ねこじゃらしが秋を呼ぶ草だと嬉しいのだが、、、、。

 夜になっても下がらない気温にかなりげんなりの夜だ。
今夜もまた熱帯夜なのだろうか、、、。

a0031363_234257.jpg


a0031363_235542.jpg


(夕陽をうけてカーテンが揺れているようだ、、、、)
a0031363_233864.jpg







a0031363_249148.jpg

by pretty-bacchus | 2014-08-20 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/20112388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 郁子 at 2014-08-21 15:36 x
8月も下旬に入ったのに、連日の猛暑、夜は快眠モードのクーラーなしには眠れません。外出しても、照り返しが厳しくてきつい。昔の東京は「照り返し」なんてなかったですよね。東京と九州の夏の暑さの違いはそこだ、と思っていたのですが、どこも亜熱帯になってしまいました。
ところで、「猫じゃらし」、いいですね。敬子さんのこうした何気ないお散歩スナップが好きです。
「猫じゃらし」というネーミングが俳句的でいいですね。正式和名は「狗尾草:エノコログサ」、英語ではfoxtail とデカい。
道端や野原に生えている感じは、いかにも日本的な風情で子供の頃から気に入りでしたが、イギリスを車で走っている時見た、風に吹かれる群生の猫じゃらしには、ほんとにびっくりしました。世界的な草ですから当然なんですが、日本の原風景みたいな先入観があったんですね。
やっぱり「猫じゃらし」という可愛いネイミングのせいですね。それに秋風が付きもので、風情がありますよね。
「犬ふぐり」「赤のまんま」などにも、日本人の感性に喜びをかんじますね。
敬子さんの今日のタイトルに共感して一句・・・
猫じやらし秋呼ぶ草と思ひをり
Commented by pretty-bacchus at 2014-08-21 21:30
郁子さま、コメントをありがとうございます。
ほんとうにどうしようもない暑さの中に、素敵な句をありがとうございました。
「猫じゃらし」ってなんとなく風情があっていいですね。
この群生のなかにたったらどんなにか驚くことでしょうね! 一度経験したいです、、、。

この写真ももう少し光があったらもう少し感じが違ったかもしれません、、、。

Commented by rain_grace at 2014-08-21 23:00 x
素敵な感性をありがとうございます。この感覚…本当にいいですね。イギリスに行きたくなります。その前にフィンランドに行きたいなぁ。職場の旅好きの人が日焼けして戻ってきました。
Commented by pretty-bacchus at 2014-08-23 00:51
rain_graceさま、こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。
フィンランドも素敵な国ですね。ぜひ行らしてくださいませね、、、。
名前
URL
削除用パスワード


<< 病院の後はけやき坂逍遙とTSU...      女ありて<夕げに ひとりさん... >>