<備えよ常に>心を備え、体を備え、技を備え
2014年7月29日 火曜日 晴れたり曇ったり

 朝の楽しみは朝顔のみずやりになってから半月になる。
今朝は微妙な薄紫色の朝顔が中心の鉢に一輪咲いた。

a0031363_21134081.jpg


a0031363_21143348.jpg


 <備えよ常に>はボーイスカウトの創始者ロバート・ベーデン=パウエル卿の言葉で、
子供の頃のガールスカウトでも常に言われていた。

「心を備え」「体を備え」「技を備え」る。そうは思ってもなかなかそうはいかないものだ。
子供の頃は、食事の時も父母にもよく言われていて、食事の作法はとくにうるさかったような気がする。
小さいときにお箸がちゃんと持てないと母の手が私の手にぴしゃりと飛んだこともあった。
お茶道のお弟子さんがお墨手前での火箸の持ち方が悪いと母は今でも厳しくしているという。

 いろいろ備えねばならないことは多いが、現在心がけていることの一つにはカメラのことがある。
常にカメラを持ち歩くことは急な旅への備えになる! と思っている、、、。
旅で写真を撮るには限られた時間でのことになる。
撮影のためだけの旅にでかけたことはなく、いつも仕事がらみだからせわしない。
ホテルから出かけるときは常に首からカメラを下げて、歩いているときも疾走する車の中からでも
カシャカシャとせわしない。
夜の食事にお洒落をしていくときは、さすがにサイドバックなどに入れたりしてまず席につくが、
時にはお料理の写真も撮ったりしてしまう。

 次の海外の旅に街を歩くときのために、外に出るときにいつも首からさげているカメラは
Nikon D7100+Tamron16-300mm DiII VC PZD Macro で<備えよ常に>だったのだが、
いかにも重くて十分ほど歩くとずしりと重さを感じてしまうようになった。

Fujifilm X-T1は広角だけに使おうと思ってFUJINON XF10-24mmF4 R OISをつけているが、
ときどきこのセットにすることが多くなった。
それも最近では重く感じるようになってしまったのだ。
この暑さではせんないことかもしれないが、体力の衰えの方が多いだろう。
というわけで、ここ数日は久しぶりにFujifilm X20にしている。
さすがに軽くてちょっと気が抜けてしまう感じ、、、。
でも日頃のブログにはこれで充分と思っている真夏日の午後。




by pretty-bacchus | 2014-07-29 23:58 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/20049157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 朝顔の水やりも間に合わぬほどの極暑      萎れた朝顔と沈む太陽 >>