猛暑の午後に黒揚羽が借景の木々に乱舞して
2014年7月25日 金曜日 晴れ その二

 午前七時で、すでに二十九度。午後まもなく三十五度を超えて猛暑日となった。
すごい暑さだ。
ベランダの朝顔は水やりをしてもすぐに萎れてきてしまう。
借景の木々でなく蝉はミンミンゼミ、ジージー蝉と暑苦しくなってきた。

 ニュースでは39.3度を観測した都市があり、全国で何百人もの方が熱中症で病院に運ばれたという。
屋外で仕事をしている人は大変なことだろう。
こんな日があと何日続くのだろうか?

 気象庁は八~十月の三ヶ月予報を発表したが、全国的に平年並みか高くなる見通しのよう。
期待していた、日本に冷夏をもたらす「エルニーニョ現象」の発生もおくれているというし、
今年の夏は厳しくなるだろう。 人も朝顔も可愛そうだ、、、。

(ソファーに座ったまま、ガラス戸越しにベランダの朝顔と蝶々を追って、、、)
a0031363_1661550.jpg


a0031363_1634745.jpg


a0031363_1654836.jpg


(今日は大きな黒い揚羽蝶が何度もベランダにやってきていた)
a0031363_1665780.jpg


(午後になると葉はしんなりとしてしまう)
a0031363_1673457.jpg






by pretty-bacchus | 2014-07-25 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/20038860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 2011年12月6日の巴里モン...      ヴェネツィアへは空港からモータ... >>