花の色はうつりにけりないたづらに
2014年4月19日 土曜日 雨そして曇り 聖子

 風邪ぐらいでこんなに辛いということは若い頃にはなかった。
これが歳を重ねるということなのだろう!

 借景の新緑を見ていて、、、、、ベランダのずっと向こう、、、ふと遠くを見るとなんだか赤い色が、、、。
借景の庭の花水木かしら?
ガラス戸越しに望遠で活写してみた。今年は紅梅がみえなかったが春になって赤い花水木が微笑んでいた。

 自然のうつろいってほんとうに不思議。
人も自然もうつりゆく、、、、。
  <花の色はうつりにけりないたづらに 我が身世にふるながめせしまに> 小野小町

いつもなら新緑は嬉しいな、、、って思うのに、今年はどういうわけか晩秋の落ち葉の頃と同じような
切なさを感じてしまう、、、。
雨もよいの頃はなおさらいけない、、、ような気がする。

a0031363_2153312.jpg

a0031363_21554290.jpg

a0031363_21563378.jpg





by pretty-bacchus | 2014-04-19 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/19700813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<<  新宿御苑での「桜を見る会」で...      曇りなのか春雨かしら、うとうとと >>