四月十日の千鳥ヶ淵緑道の最後の桜逍遙
2014年4月10日 木曜日 晴れ

 http://keico.exblog.jp/19675239/
四月十一日の千鳥ヶ淵緑道の最後の桜逍遙を。
四月二日の<四月二日の乾門〜北の丸公園〜田安門〜九段〜千鳥ヶ淵緑道の 薄暮の桜
>に続いて、

http://keico.exblog.jp/19669824/
2014年4月10日 木曜日 晴れ
千鳥ヶ淵緑道のお堀の花筏

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 いたたまれずに三時半に家を飛び出した。
最後の桜が呼んでいる〜〜〜。

<春風の花を散らすと見る夢は覚めても胸のさわぐなりけり>(西行)

 千鳥ヶ淵緑道を麹町側から歩いた。今年はこちら側から歩くのは初めて、、、、。
満開宣言からもう二週間もすぎてしまったから、さわやかなさくら色の木は一本もなかったが、
散り遅れた花弁が残って桜の最後を楽しませてくれた。
対岸の吹上御所は夕陽をあびて緋色が泣いているよう、、、。

ベンチに座る人が多く、歩いている人は時々すれ違うくらい、、、。
花吹雪を浴びながら九段口まで<ことし最後の桜>を謳歌した。

“今年も一緒にこられましたね、、、ありがとうケイコサン、、、”と、
連れ合いのおばちゃんがよく言っていた、、、。
あれから何年たったのだろうか、、、。“おばあちゃん、、、”ふと涙腺がゆるんだ。

(西の空に陽が傾き始めた頃に、、、桜の木々に独り歩いた順序に、、、)

a0031363_131173.jpg

a0031363_143634.jpg

a0031363_185651.jpg

a0031363_1103584.jpg

a0031363_1112528.jpg

a0031363_112938.jpg

a0031363_1132620.jpg

a0031363_1171022.jpg

a0031363_2135137.jpg

a0031363_2144870.jpg

a0031363_2161996.jpg

a0031363_221461.jpg 
(風が吹くとさざ波が動いて、、、)
a0031363_2215150.jpg

a0031363_2223140.jpg

a0031363_2231853.jpg

a0031363_2243427.jpg

a0031363_226588.jpg

a0031363_2334110.jpg


 通りすがりの方に、“頭の上に桜がいっぱいですよ〜〜”って言われて、
ショールをはらうと花殻や花弁が沢山散っていく、、、。
a0031363_2375673.jpg

(二十数年前にサントノレ−のソニアリキエルのブティックで求めた
黒と桜色の大好きなカーディガンにも花殻が! カシャッ〜〜)

a0031363_2384764.jpg

a0031363_2401038.jpg

a0031363_244597.jpg

a0031363_244505.jpg

 今日はボートに乗る人も少なく、ボート上でポーズをとり撮られるカップルもいたり、、、。
夕陽に波打つ散り桜、、、花筏ともいかない切ない桜と戯れながら
あっというまに二時間がたっていた。

a0031363_2481797.jpg

a0031363_248563.jpg

a0031363_2492521.jpg

a0031363_2504243.jpg
(pm4:55 靖国神社の仲間で入る元気がなくて、、、、カシャッ)


 急に、、、、疲れた〜〜〜って思った。約束の時間にはまだ少し間がある。
家に一度帰るとおそらく出かけるのはおっくうになるだろう。

 友人のお店のライブラリーカフェで一休み。
一人シャンパンを飲みながら、、、桜の余韻にひたりながらパリの本を読む。
時間外なのにオリーヴや生ハムを出して下さって、、、。
まもなくレストランがオープンの時間になって、シェフが桜ディナーのオードブルだけをだしてくださった。
ありがとう!

a0031363_33680.jpg (バックに入れて置いたスカーフにも花殻と一ひらの花が忍び込んでいた、、、)

a0031363_37241.jpg

a0031363_385399.jpg

a0031363_392728.jpg

a0031363_3103998.jpg

a0031363_31213.jpg
(白ワインはシャトー・ドゥ・ティルガンのソーヴィニヨンブラン。
有機栽培の葡萄を作るために八年前にすべての葡萄を抜き取って、土地をしばらく自然にもどして
葡萄を植え替えた。そのご五年後にやっと創りあげた白ワインは、ロバートパーカーも
絶賛したという。
日本には数百本しか入ってこない)

a0031363_319444.jpg

 いつの間にか時がたって約束の時間がすぎてしまっていた。
思い切って家を飛び出してよかった。
今年さいごの桜狩りは独りで、来し方行く末を考えながらの逍遙。
来年もまたきっとこのサクラたちと会いたいものだ。

<願はくは花のもとにて春死なむ その如月の望月の頃>
父が好きだった西行が晩年に詠んだ詩。
父はその通桜を待ちながら梅の香かおる頃に彼岸に旅だった。


〜〜〜〜
 今日のカメラは、
Fujifilm X-T1 with FUJINON XF10-24mmF4 R OIS
古い古いニコンD5000にNikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm
(これは来週に友人のライヴを遠くから撮るための練習も兼ねて、、、)
そしてSIGMA DP1 Merrill with Foveon X3

 SIGMA DP1肩からかけたバックに入れたまま、広角と望遠を使ったが、これが今の私には限界だろう。
はたして政情不安な外国の街ではもう絶対にむりだろうな、、、って考えながらシャッターをきっていた。

 (そして数日たった今こうしてバカみたいに桜逍遙をブログにアップしている自分に
すこしばかりあきれながら、、、、)

a0031363_3335999.jpg




by pretty-bacchus | 2014-04-10 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/19680725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Nowpie (なうぴー.. at 2014-04-19 07:10
タイトル : 千鳥 最新情報 - Nowpie (なうぴー) お笑い芸人
千鳥 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど... more
名前
URL
削除用パスワード


<< フジフィルムのセミナー<Xラン...      千鳥ヶ淵緑道のお堀の花筏 >>