雨の借景にシデを愛で遠方の桜に思いをよせて
2014年4月4日 金曜日 雨のち曇り後晴れ夕方霰

 この雨で東京の今年の桜はお終いなのだろうか、、、。
雨でも行って見たいのは、今日から始まった<天皇陛下傘寿を記念の「春季皇居乾通り一般公開」の
坂下門から乾門までの約750mの桜の園>だが、どうも元気が出なかった。

乾通り沿いには両側に ソメイヨシノ、サトザクラ、シダレザクラ、ヤマザクラ、ヒガンザクラの
計七十六本の桜の木と百数十本のもみじ類、アカマツ・クロマツ、広葉樹が植えられていて、
本丸側の石垣と濠,吹上御苑側の樹林が美しい景観を楽しめる素晴らしい並木道なのだという。

a0031363_3165548.jpg(乾門の入り口のしだれ桜は、02日に撮る)

 八日までなのでまだ時間があるし、七日ご午後には友人と出かけてその後は今年の桜に杯を挙げる
予定にしてあるので今日はパスして家で少しゆっくりした。
借景の木々の新芽は一雨毎にしっとりと大きくなり、“あ〜〜春がやってきたのな〜〜”、と
しみじみ時のうつろいに心を深くするのも春先のほんの一時なのだ。

(ガラス戸越しに雨の借景の春を、、、)

a0031363_2243670.jpg (am7:06  風が吹いているようだ、、、イヌシデの房も大きくなった〜〜)

a0031363_2265468.jpg

a0031363_227479.jpg

a0031363_228392.jpg

a0031363_2302187.jpg (カーテンの隙間から、、、。

雨に濡れた鳥は怪我をしているのだろうか、、、、虚ろな目だ、、、)

a0031363_2305343.jpg (午後になってもやまない雨、、、)

a0031363_2353083.jpg (夕方になってようやく雨が上がって、、、

遠くの桜はどうなったのかしら?)

a0031363_2363237.jpg

 夜になって友人からメールが入った。
午前九時には入場口の坂下門までいったのが、なんとすでにすごい人で何重もの列が出来ていて、
二重橋の方まで行かされての待ちで、その上地方から着いたバスからもどんどん人が降りてきて、
待ち時間は三時間以上ということであきらめたという。
来年もオープンしてくれるのだろうか、、、。


〜〜〜〜〜
(01日の千鳥ヶ淵〜隅田公園の桜=牛嶋神社〜四ッ谷の四時間の記録も、二日の千鳥ヶ淵&田安門も
まだ書けていない)


by pretty-bacchus | 2014-04-04 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/19648036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 郁子 at 2014-04-06 16:01 x
敬子さん、皇居乾通りの通り抜け初公開、やはり行くおつもりでいらしたんですね。
このブログを見てすぐ我が体験記!をメール送信いたしましたので、ここでは万事省略いたしますが、友人の諦めメールは正解だと思います。
術後間もない敬子さんには、体力的にとても無理です。
初日4日の一番の方は朝5時にいらした由、お昼頃着いた私は2時間待ちでしたが、昨日土曜日は1時に行ってももう入れない状態だったとか。
乾通りは両側に当然縄が張られて、ゆっくり立ち止まる事も出来ない慌ただしい散策でしたが、何と言っても皇居という、作為的ではない自然の庭造りの趣きで、敬子さんが上にお書きになったような佇まいは、都会の喧噪を離れた聖域の穏やかな空気感が、至上のものに思われました。
植物学者でいらした昭和天皇のご配慮もある植樹だったのでしょうね。桜はやや盛りを過ぎていましたが、まだ芽吹かぬ裸木の面白い枝ぶりや芽吹き始めた木々の浅緑や目の覚めるような山吹の金色などなど、ほんとに心洗われる自然の息吹でした。
また至近距離で見る石垣の見事さ、お堀の水なども強く印象に残りました。
ピカサアルバムでその一端をお届けしたいと今は思っています。
Commented by pretty-bacchus at 2014-04-07 03:45
郁子様、メールとコメントをありがとうございました。
すさまじい混雑だったようですのに、いらしたのですね。あのあたりの石垣や木々は素晴らしいでしょうね。
蓮池あたりもあったのでしょうか。
ぜひピカサアルバムで魅せていただきたいです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 雨上がりの芽吹きとサクラカクテル      手術後一週間は桜逍遙の日々でした >>