久々にカメラ遍歴とフィルムの歴史を顧みて
2014年2月24日 月曜日 晴れ

 四年生の時に父からの贈り物の二眼レフから始まった写真ライフ。
中休みをへながらもずっと続いていた。
多趣味の中でも歴史は一番長いかもしれない、、、。

 ポジフィルムを使い始めた頃はずっとコダクロームだった。
RDP (フジクローム100プロフェッショナルD)とRHP (フジクローム400プロフェッショナルD)がでたのは
たしか八十年代初めのころで、そのあと九十年代半ばにRDP II (フジクロームプロビア100)とRHP II
(フジクロームプロビア400)がでた。
フジのブルーの色がフランスの写真にあっているということで、コダクロームをつかうのは
オーストリーとかスイスへの旅の時だけになってしまった。

 エールフランスの機内誌BON VOYAGEの取材に加わった1996年から99年までは、
よってずっとRDP IIとRHP II だった。
その後にでたフジクロームベルビア100Velviaもアスティアもほとんど使ったことがなかった。
RDP III (フジクロームプロビア100F) が出た頃にはだんだんデジタルカメラに移っていってしまい、
銀塩時代の愛機コンタックスのRTS,ST,AX、G1,G2と各カールツアイスのレンズはお蔵入りしてしまった。

海外旅行の荷物の検査が厳しくなったのもフィルムを使わなくなった理由のひとつかもしれない。
飛行機に乗るときのテロ防止のためのボディーチェックに加え、チェックインバゲッジのレントゲン検査で
フィルムに影響が出始めて、手荷物にしてもそれを機械にかけられてフィルムをおかしくなったケースが
沢山でてきた。
検査機を拒否して手で調べてもらうよう頼んだらフィルムを一本一本あけられた時期さえあった。

 フィルム時代のこだわりを保ち続けている友人もまだいるが、もうほとんどがデジカメになってしまった。
そのデジカメもアマチュアが遊べる初期のコンタックス、キャノン、オリンパス、ニコンと使ってみて
結局ニコンD70、D90以降ずっとニコンだった。
D90やD300は好きだったが、デジカメのどんどんの進化についていくのが少しばかり疲れてきて
今はD7000止まり。Nikon Dfは私には扱えないと早や判断。
一昨年の冬のパリの時にソニーNEX5をお借りして使ってみたがその先は続かなかった。
Sony DSC-RX100とSony DSC-RX100M2のコンデジはハンドバックに入っていいので継続。
(LUMIX DMC-LX1/LX2/LX3 もバック内のカメラだった)

 フジは銀塩時代にフジGA645シリーズとFUJIFILM TX-1を使っていた。
デジカメ時代になって初代デジカメFinePix700をしばらく楽しんだ。
X SeriesのFUJIFILM X-S1、FUJIFILM X-Pro1は試写だけに終わりってしまった。
去年の春にFUJFILM X20で桜を撮った。清んだ色合いが好きになってサブカメラとなっている。

 そして満を持してかFUJIFILM X-T1がやってきた。
使い慣れた?銀塩カメラ時代のようなダイアルと設定と色づくりがなかなかいい。
フジのHPによると、
<防塵・防滴・耐低温-10℃のタフネス性能>
<世界最短表示タイムラグ0.005秒><撮影の安心感を高める多彩なオートブラケティング撮影機能>
<80年フィルムで色づくりを研究し尽くしてきたからこその色再現そして立体感>
<写真に味わいと奥行きを与えるフィルムシミュレーション>
<富士フイルムならではの豊かな色再現性と階調表現をフィルムを選ぶ感覚で選択>エトセトラ、、、

フィルター効果にはあまり興味がない私だが、スタンダードな「PROVIA」、鮮やかな「Velvia」、
肌色再現性が特長の「ASTIA」、「PRO Neg.Std」「PRO Neg Hi」というフィルムシミュレーションは
面白いと思ったのだ。
ホームページで紹介されたいろいろの機能にもひかれたが、なんといっても相原さんのブログ
<写真家・相原正明のつれづれフォトブログ>
aiharap.exblog.jp
相原正明のつれづれフォトブログでの、
この機種の試写のいろいろに魅せられたのかもしれない。

 そして初日の試写は、寒さがのこる浅草の由緒ある料亭で行われた志村ふくみ卒寿記念展。
http://keico.exblog.jp/19498883/
2014年2月21日 金曜日 晴れ
真央ちゃん&志村ふくみ卒寿記念展― 京の『いろ』ごよみ

ほとんど初期設定のままで夕方のエントランスと作品のお部屋を撮ったが落ち着いたた色合いにまずは満足。
翌日に数枚撮ってあとは、いつものソファーに座ってのいつもの横着撮影。

http://keico.exblog.jp/19504930/
2014年2月23日 日曜日 晴れたり曇ったり
夕陽を愛でながら三年前の入院をふり返り、、、

 そして取説をざっと読み終わったところで今日はスタンダード設定のプロビアに加えてヴェルビアと
設定を変えて撮ってみた。
フィルム時代にはこんなふうにその違いを愉しめなかったが、このカメラの設定はなかなか愉しい。

a0031363_163225100.jpg (pm3:08 Provia)

#IMAGE|a0031363_16455691.jpg|201402/26/63/|right|864|577#]a0031363_16345639.jpg(pm3:08 Vervia)

a0031363_16353461.jpg

 明日からは、首にかけて歩くことにしよう。
少しだけ重いがこれで歩けなければ、次回のヨーロッパでの楽しみもすくなるなるだろうから、、、。
次のパリは、Fujifilm X-T1とSIGMA DP1 Merrillかしら?
現在はセットレンズだったフジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OISだが、
これからレンズを少し研究しなければ、、、。

 旅の楽しみの予感の前に、ここ十年はデジカメの進歩を楽しみながらの旅支度になっている。
さてさて今年はどうなるのだろう、、、。

#IMAGE|a0031363_16363693.jpg|201402/26/63/|right|864|577#]
a0031363_16375163.jpg (pm4:44 )

a0031363_1639289.jpg(pm4:46 )

a0031363_1641196.jpg(pm4:50 )

a0031363_16411732.jpgpm4:55 )

a0031363_1642312.jpgpm4:56)

#IMAGE|a0031363_16444654.jpg|201402/26/63/|left|864|577#]pm5:04 )

#IMAGE|a0031363_1645355.jpg|201402/26/63/|right|864|577#]pm 6:04 )


http://keico.exblog.jp/14748256/
2012年2月25日 土曜日 曇り
FUJIFILM X-S1 Fujinon Super EBC F2.8-5.6 (24-624mm) が届きました。




by pretty-bacchus | 2014-02-24 23:59 | ♠Photo,Mac写真/カメラ/マック | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/19510204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from http://venus.. at 2017-01-07 12:57
タイトル : http://venusgood.com/weight-..
久々にカメラ遍歴とフィルムの歴史を顧みて : 生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく... more
Commented by k7003 at 2014-02-27 04:08
究極のカメラをゲットされたと思います。おめでとう。
巴里スケッチを心の底から期待していますよ、姉さん。(^^)/
Commented at 2014-02-27 04:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2014-02-27 12:59
Nkさん、新しいオモチャを手に入れた子供の気持ちです。
Imagine how old I am!

Commented by pretty-bacchus at 2014-02-27 13:00
鍵コメントさま。私もまったく同じで結局使わなかったのですが、こうして時々カメラで遊べるって悪くないです〜〜〜〜。
Commented by masabike at 2014-03-01 11:07
いつもブログご覧いただきありがとうございます。X-T1はだいぶ僕に意見が入ったカメラです。末永くお使いください。レンズはあとZeiis 50mm Macroが良いです。お試しください
Commented by pretty-bacchus at 2014-03-01 17:00
相原さん、コメントをありがとうございました。
ブログではいろいろ参考にさせていただいています。
Zeiis 50mm Macro良いでしょうね、、、、、う〜〜ん。

Commented by DannyCiday at 2017-06-11 11:05 x
Attention Required! | Cloudflare
<a href=http://acheterdufrance.com/> Cloudflare!..</a>
名前
URL
削除用パスワード


<< 帰国後の羽生結弦くんと浅田真央ちゃん      夕陽を愛でながら三年前の入院を... >>