再びせいこがに、氷見のぶり、大間のマグロ
2013年11月12日 火曜日 曇り後晴れa0031363_1846630.gif

 Sさんのたっての願いで今夜も魚や魚真さんへ。
お店に入るとかならずカウンター手前のガラスケースのお魚を見る。
今日はその中に新しい顔が二人?
“あら〜新しいいい男が二人も〜?”
“恵比寿店と下北沢の店長です。よろしくおねがいいたします”と四谷の店長の豊君。
評判の良い四谷店の勉強なのだという。
十店あるなかでこの店は本当にすぐれていると思う。
豊店長、山床副店長はじめ皆んな本当にイイコなのだ。
禁煙のカウンター十数席、テーブルと小上がりで四十数席のお店で、
常に板場は三、四人でホールがパートが二人ほど。板場は全員ベテランというわけ、、、。
その端で修行二年目のナオヤ君が頑張っている。
(塩加減がちょっとおかしかったり焼き加減が違うと、私たちはそ〜と意見を言う、、、

 カウンターの右端に陣取る恵比寿店店長の拓也君に刺し盛りを頼んで、そのあとはいつものように、、、。

a0031363_18591085.jpg

“今夜は特別の特別です〜〜

(ほんと、氷見の寒ブリ、大間のマグロはじめどれも逸品!)(

特別盛に感謝。 ありがとう〜〜とシャブリを献上?
旨い、と飲む彼を下からノーファインダーでカシャッ〜〜。
a0031363_19422391.jpg]


a0031363_1821677.jpg

<昆布森の生牡蠣>
(この写真は前回のもの、、)

初冬の味覚<香箱蟹>a0031363_18564043.jpg (前回よりは少し小ぶりでお味も浅い、、、三分ゆで時間を少なくしたという、、、)

a0031363_23302389.jpg今夜の〆は<海鮮鍋>

a0031363_1939689.jpg
(ワインはオリベイラ・ルセストルのシャブリプルミエクリュのフルショーム2011. やはり美味しい!)


 帰りに全員揃って、はいポーズ!
ごちそうさまでした。
Sさんもご満足そうで、ほんとうにありがとうございました。
近くのこんなに気軽に最高のお魚とホスピタリティーをいただけるお店があるってほんとにシ・ア・ワ・セ!

a0031363_1950833.jpg
(左から豊君、山床さん、恵比寿店の辰弥君と下北沢のりくさん。
豊君、山床さんは十年以上のベテランでふぐの調理免許ももっている。
辰弥君、りくさんは七年になるという)

http://keico.exblog.jp/18952685/
2013年11月10日 日曜日 雨のち晴れたり曇ったり
一足先に冬の味覚、香箱蟹と昆布森の生牡蠣




by pretty-bacchus | 2013-11-12 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/18962901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-11-15 02:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2013-11-15 20:26
鍵コメントさま、いつも本当にありがとうございます。

名前
URL
削除用パスワード


<< シャトー・ドゥ・ピゼイのボージ...      木枯らし一号で突然の冬へ >>