木枯らし一号で突然の冬へ
2013年11月11日 月曜日 曇り後晴れのち大荒れ

 日没前に夕陽をうけて木々が揺れた。
やがて大きな風がふきつづき、やがて雨が降り始めた。
数時間であがったが、雨は寒さをもたらしたようだ。

a0031363_1747378.jpg


 木枯らし一号が吹いたと夜のニュースで知った。
北の方は初雪がふり高速道路が不通になった。
突然の真冬がやってきた。
しっとりした晩秋はいったいどこに行ってしまったのだろう〜〜〜。

 台風三十号はレイテ島に悲惨な被害をもたらした。
二十億年をまたずして、地球はだんだん終末期に入ってくるのだろうか。
考えさせられる寒い冬への突入だ。

a0031363_1747545.jpg




by pretty-bacchus | 2013-11-11 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/18956464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-11-13 03:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2013-11-13 04:47
鍵コメントさま、
ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード


<< 再びせいこがに、氷見のぶり、大...      一足先に冬の味覚、香箱蟹と昆布... >>