大きな爪痕を残して台風が去って行った
2013年10月16日 水曜日 嵐

 明け方の風雨はひどかった。
ご〜という風の音と窓に当たる雨の音でうとうとしながら朝を迎えた。
東京では午前九時頃には風雨がしずかになって青空が出てきた。
台風一過とかよくいったものだ。静かな午後になったが、各地では十年ぶりという台風で
大きな爪痕を残して去って行った。 
伊豆大島ではいまだに、土砂が民家を襲い怖ろしい被害がでて、まだ多くの人が行方不明だという。

ほんとうに自然の脅威はおそろしい。
天気をコントロールできる装置を発明したらきっとノーベル賞だろうと思うのだが、
未だに研究する人が少ないのはしょせん無理なことだからなのだろうか。

 台風がさってすっかり秋の空気になった。
爽やかな静かな秋がつづいてほしい、、、。

a0031363_12494584.jpg




by pretty-bacchus | 2013-10-16 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/18808754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 友人の子供達が日本にやってきて、、、      美瑛からの馬鈴薯<メロン屋さん... >>