夏至の日没時の青い空と白い雲
2013年6月30日 日曜日 曇り

 早や六月が終わり、そして今年の半分が過ぎ去ってしまった。
なんとすさまじい勢いで過ぎ去ってしまったことか。
こんな速さで半年が過ぎるということを、あと何回経験することが出来るのだろうか、、、と、
ふとその時のうつろいを怖ろしくなってしまう。

 二日間も家を出ていないので、日没の頃に少し歩いた。
日の入りが一番遅いこの数日だが、日の出がおそくなっているから、どんどん日は短くなっている。
ビル群の向こうに沈んでしまった夕陽のはかなさが残っていた西の空が泣いていた。

 下弦の月はまだ昇ってこない、、、。

a0031363_1195897.jpg

a0031363_1202553.jpg

日の出 04時28分  : 日の入 19時01分
  月の出 23時31分  : 月の入 11時45分
 

by pretty-bacchus | 2013-06-30 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/18021296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bernardbuffet at 2013-07-01 23:18
年度末を迎え、新社会人を迎え、なにやかやと慌ただしく過ごして7月を迎えると、例年ながら「もう今年も半年経ったの?」と思います。本当に早い。齢を重ねるごとにその速さは加速しているようです。
Commented by pretty-bacchus at 2013-07-02 13:24
bernardbuffeさん、お久しぶりですね。
やはり速さが加速していますね、、、年齢もあり時代もあるように思います、、、。
ブログ写真は拝見していますよ、、、。

名前
URL
削除用パスワード


<< <アルスシムラ>の三ヶ月の成果...      きんきとアジの一夜干し、京都の... >>