借景の 梅の香りは 父の色
 毎日愉しんでいる裏の樹々や鳥達は借景の庭のもの、、、、。三階のリヴィングルームは西南西に面していて朝日の輝きや、
遙か彼方のビルの向こうに沈む夕日を鑑賞できる。

 奥の連れあいの寝室からはその庭の地面が見える。季節の花々が咲き誇りすごい庭。
今を盛りと梅が咲く。
梅の季節に亡くなった父のことを思う毎日である。
(私の寝室の窓側には書類と本が所狭しと積まれてしまい、天空の月しかみえない、、、)
 
a0031363_1331045.gif

by pretty-bacchus | 2005-03-18 09:15 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/1763119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 上弦の月 輝きて すぐる冬      花の下 ランブルスコの 時を待つ >>