借景のイヌシデの花の房がたれてきました
2013年3月20日 水曜日 曇

 しばらく撮らなかった間に借景のイヌシデはスッカリ春!
一雨毎に一風ごとに花の蕾の房が一面に下がり始めた。
朝早くに鳥たちがやってきておしゃべりでうるさいほど、、、。

 なんだかひどく疲れが出ている。 桜狩りにも出ずに一日ぐったりと、、、、、。
いちにちじゅう曇っていて、、、。風が強く桜が気になる春の宵。
桜の頃には風が強くて心騒ぐのは平安の昔からだったのだろう。
若い頃に覚えたうたが出てくるからまだ脳は大丈夫なのでしょう、、、、。

<春風の花を散らすと見る夢は
              さめても胸のさわぐなりけり>     これは誰だったかしら?
<世の中にたえて桜のなかりせば
             春の心はのどけからまし>      これは古今集 で在原業平ですね。

 明日は桜狩りに出かけたいな、、、。
汚れたガラス越しに借景のイヌシデをカシャッ。

a0031363_2355436.jpg

a0031363_23535417.jpg (少しトリミングしてみた) 




by pretty-bacchus | 2013-03-20 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/17497470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by k7003 at 2013-03-23 03:53
左上隅のトリミングにりっぱに耐えていますね。X20でしょうか?
Commented by pretty-bacchus at 2013-03-23 04:22
k7003さん、タブを入れるのを忘れていました。
このカメラの良さを少しづつ認め始めています。
昨日の千鳥ヶ淵もいろいろ撮りましたので、のちほどアップいたしますね、、、。

名前
URL
削除用パスワード


<< 春爛漫の宵の口、、、、      「細見美術館特別展 志村ふくみ... >>