啓蟄や 花芽膨らみ 鳥とびて
 啓蟄。花芽がさらに膨らんだ。
光がとても綺麗な週末。a0031363_19344594.gif
ヒヨドリと雀が追いかけっこ。
a0031363_19404490.gif

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウェブ字引より
■啓蟄(けいちつ)
暦の二十四節気のひとつで、雨水後15日めの3月6日頃に当たります。 “啓”は『ひらく』、“蟄”は『土中で冬ごもりしている虫』の意で、 文字通り地中で冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、草木が芽吹く と同時に地上へ這い出してくるという意味です。この時期、北国では 福寿草が咲き、東京では紋白蝶が見られます。

参考:二十四節気(にじゅうしせっき)とは?

太陽年をその黄経に従って24等分して、季節を表すのに用いる中国 古来の語。等分点はそれぞれ立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・ 立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒 露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒と名付けられていま す。
by pretty-bacchus | 2005-03-05 11:45 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/1717705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 啓蟄に 我はどっぷり 家の中      雪おして 美味を求めて 遠き道 >>